1. Home
  2. 読書
  3. ほかに誰がいる
  4. #15 放熱…破滅へ向かう少女の恋

ほかに誰がいる

2019.08.03 更新 ツイート

#15 放熱…破滅へ向かう少女の恋朝倉かすみ

ほかに誰がいる? わたしの心をこんなにも強くしめつける存在が。憧れのひと、玲子への想いを貫くあまり、人生を少しずつ狂わせていく16歳のえり。玲子――こっそりつけた愛称は天鵞絨(びろうど)――への恋心が暴走する衝撃の物語を、冒頭から抜粋してお届けします。ヤミツキ必至!大注目作家の話題作。

*   *   *

15

頭のなかがざわめいている。

いっときも休まない。

放熱のために、わたしは動かなければならなかった。

雪が溶けかけたこの季節の道路は、はばが狭まっているうえに、わだちが残っていて、歩きづらい。それは自転車でも同じだ。

日に何度も公園にいった。

もう、天鵞絨と「かれ」にでくわす心配はなかった。天鵞絨と「かれ」は、かれらの場所を見つけていた。それは「かれ」の部屋だ。あるいは「かれ」の車のなかだ。

実にさまざまな考えが、次から次へとわたしの頭のなかのあちこちで同時に浮かんできて、困っている。わたしの頭が、少しずつ膨らんできていた。

わたしは、わたしの頭のなかに、なにかいるぞと目星をつけた。パタパタ、パタパタとかそけき音がする。足音にちがいないと思い、それならとても小さな足だと思った。ネズミだとわかるまで、さほど時間はかからなかった。ネズミたちは、小さな頭に王冠をのせている。そうして、ひどく忙(せわ)しく動き回っているのだった。

(写真:iStock.com/wooyaa)

わたしの頭のなかで、小さなネズミたちは勝手にそれぞれ王国をつくり、法律を制定しているらしかった。

わたしがそれに対してなにか意見を持とうとすると、たちまち法律を改正する。

わたしの頭が、焼かれたお餅(もち)みたいに熱くなる。ぽん、と、頭皮がやぶれ、ネズミたちが飛びだしてくるのではないかな。

ぽん、ぽ、ぽん。

王冠をのせたネズミたちが、ポップコーンマシーンのなかではじけるコーンのように笑いながら勢いよく飛びだしてくる。なんて癇(かん)に障る声なんだ。それに、あの桃色の鼻の色合いのいやらしいこと。

奥歯をきつく噛み締めるので、わたしは顎がだるくなった。こめかみに青筋が立っている。頭のなかから飛びだしたネズミたちに、そこを齧られ血が噴きだしでもしたら、それこそ一巻の終わりだ。

わたしは、頭から熱を放出しなければならなかった。

頭のなかの熱を、からだの動きで逃がしてやらなければならなかった。

わたしは、だから、疲れていた。

朝倉かすみ『ほかに誰がいる』

ほかに誰がいる? わたしの心をこんなにも強くしめつける存在が……。憧れの“あのひと”への想いを貫くあまり、人生を少しずつ狂わせていく16歳のえり。淡い恋心が暴走する衝撃の恋愛サスペンス。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ほかに誰がいる

女友達への愛が暴走し狂気に変わる……衝撃のサスペンス

バックナンバー

朝倉かすみ

北海道生まれ。北海道武蔵女子短期大学卒業。二〇〇三年「コマドリさんのこと」で第三七回北海道新聞文学賞、〇四年「肝、焼ける」で第七二回小説現代新人賞を受賞。著書に、『田村はまだか』(第三〇回吉川英治文学新人賞、光文社)、『満潮』(光文社)、『てらさふ』(文藝春秋)、『植物たち』(徳間書店)、『平場の月』(第三二回山本周五郎賞、光文社)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP