1. Home
  2. 読書
  3. ほかに誰がいる
  4. #1 ガシュウレイコ…破滅へ向かう少女の...

ほかに誰がいる

2019.07.12 更新 ツイート

#1 ガシュウレイコ…破滅へ向かう少女の恋朝倉かすみ

ほかに誰がいる? わたしの心をこんなにも強くしめつける存在が。憧れのひと、玲子への想いを貫くあまり、人生を少しずつ狂わせていく16歳のえり。恋が暴走し狂気に変わる衝撃の物語を、冒頭から抜粋してお届けします。ヤミツキ必至!大注目作家の話題作――
 

 *   *   *

あのひととわたしは同い年だ。体操着の色が同じだった。体操着は学年ごとに色がちがう。一年生は垢(あか)抜けない燕脂(えんじ)色だ。胸元に、各自の名前が白糸で縫い取られている。その名前が読み取れない。あのひとの名前をわたしはまだ知らなかった。

(写真:iStock.com/paylessimages)

それでも、わたしとあのひとは廊下ですれちがうたびに会釈するようになっていた。

最初はぎこちなかった。互いに気がついていながら、相手に知らせるかどうか迷う瞬間がかならず、あった。

あのひとは軽く握ったこぶしで鼻の頭をちょっとこすり、小さく手を振ってくる。目を少し細めている。あのひとの目のかたちはわかりづらい。長く濃い睫毛(まつげ)が深い影をそこに落とすからだ。

わたしもあのひとと同じ動作をするようになった。あのひとのふるまいはさりげないものだったが、なんともいえぬ親しみがこもっていて、同じ動きをすることで近しくなれた気がした。

「知り合い?」

廊下でのわたしとあのひととのやりとりに気づいた同級生が訊(たず)ねてきた。

「ていうか、まあ、ちょっとね」

わたしと同級生は美術室に移動するところだった。黄緑色のスケッチブックを脇(わき)にはさんでいる。

「いいやつだよね」

「知ってるの?」

「同じ中学だった」

スケッチブックを持つ手が汗ばんでくる。持ち替えて、汗をかいているほうのてのひらをスカートでぬぐった。

「ガシュウってさ」

「がしゅう?」

「ガシュウでしょ?」

同級生がゆっくりとこちらを見る。

笑っている気がした。わたしが視線をそらすと同時に同級生はあのひとの名前を放り投げるようにいった。

「ガシュウレイコ」

朝倉かすみ『ほかに誰がいる』

ほかに誰がいる? わたしの心をこんなにも強くしめつける存在が……。憧れの“あのひと”への想いを貫くあまり、人生を少しずつ狂わせていく16歳のえり。淡い恋心が暴走する衝撃の恋愛サスペンス。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

ほかに誰がいる

女友達への愛が暴走し狂気に変わる……衝撃のサスペンス

バックナンバー

朝倉かすみ

北海道生まれ。北海道武蔵女子短期大学卒業。二〇〇三年「コマドリさんのこと」で第三七回北海道新聞文学賞、〇四年「肝、焼ける」で第七二回小説現代新人賞を受賞。著書に、『田村はまだか』(第三〇回吉川英治文学新人賞、光文社)、『満潮』(光文社)、『てらさふ』(文藝春秋)、『植物たち』(徳間書店)、『平場の月』(第三二回山本周五郎賞、光文社)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP