1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 蕨を煮ながら、考える

美しい暮らし

2019.06.05 更新 ツイート

蕨を煮ながら、考える矢吹透

ご近所の神社の大きなお祭りが、週末に終わり、それからの数日は、静かに過ぎて行きました。

そして、街にも、日常の落ち着きが戻ってまいりました。

私は、汗になった祭り袢纏や浴衣を洗濯し、丁寧に畳んで、箪笥の奥に仕舞ったり、祭りでお世話になった町内の方々に御礼に伺ったりしながらも、どこか少し腑抜けたように、数日間を過ごしました。

気がつくと、スーパーマーケットの野菜売り場に、実山椒が並び始めておりました。毎年、実山椒が出る季節に、大量に買い求め、下処理を済ませ、小分けにして冷凍し、一年分のストックを確保する、というのが習いなのですが、まだ出初めで、若干お値段が張るので、もう少し出回って、価格が落ち着くのを待とう、などと思い、売り場を行き過ぎました。

見切り品の売り場に、蕨が並んでいるのを見つけました。先っぽが少し茶色くなって来てはおりますが、1束が90円です。2束を買い求めました。

見切り品ではない立派な蕨は、1束が398円です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP