1. Home
  2. 読書
  3. 人形怪談
  4. 集まる人形たち

人形怪談

2019.05.14 更新

集まる人形たち田辺青蛙

(写真:iStock.com/sqback)

集まる人形たち

先日、浅黄色の着物の日本人形が我が家に届いた。

声を出した人形のお友達にしてあげて下さいというメモが入っていて、紙に鼻を近づけると微かに薄荷の匂いがした。

差出人の名前にも住所にも見覚えがない。箱をひっくり返してみると、人形から抜け落ちたのか長い黒髪が何本か見つかった。

人形の友達が送られてきたのは、実を言うとこれで4体目になる。

 

 

そのうちの2体はNさんの経営する塾宛てに送られて来ていて、送り主の住所は台湾だったそうだ。

住所に人形についてのお礼の手紙を出してみたが宛先人不明で返って来た。

EMSで届いたので、差出人の名の下に書かれていた電話番号にかけると「はい」と若い女性の声がした。

日本人ですか? と聞くと「いいえ、日本の番号だったので日本語で話しています」と返事があり私の住所をどうやって知ったのか聞いたのだけれどそれについては答えがなかったので、分からない。

途中で電話は切れてしまったので、再度かけなおしたら着信音が鳴るばかりで出てはくれなかった。

 

人形でなく、古い麦わら帽子も届いたこともあり、人形さんへという手紙と共にキャンディの包み紙が入っていた。

届いた贈り物や人形は、声を出した人形と同じ棚に置いている。

そのせいかどうかは分からないが、知人の怪談師に人形を見せたところ、随分表情が明るくなったね。お友達の人形のおかげかなと言われた。

 


ゴールデンウィーク中にタイに行く予定の知人から、ルクテープという人形を手に入れたら送るねというメールが届いた。

ルクテープとは、本物の子供の魂が宿ると言われる幸福を運ぶ人形だ。実際にルクテープを所持して可愛がっていた人の事業が成功した事が話題になり、タイでは物凄い人気があるらしい。

確か2016~17年頃にルクテープを実際の子供のように飛行機に搭乗させようとした乗客のことがNEWSになっていたし、人形のお腹の部分に麻薬を詰めて密輸しようとして逮捕された人が話題になったこともあったので、怪談に興味のない人の間でも知られていると思う。

タイは他にもポクポンと呼ばれるお守り人形も人気だそうだ。

正直、この手のものは特に欲しいとは思わないし、他人に譲ると災難が降りかかるという噂もあるので、手に入れられたとしても、私に渡すのではなく、本人でどうにかして欲しい。

そんな風に私は思っているのだけれど、どうも誤解されているのか、妹からネットで曰くつきの人形を見つけたので、姉の怪談のネタになりそうだからたくさん買って送っていいかという連絡がきた。

妹が言うには某ネットオークション等でちょっと検索するだけで、呪いの人形が見つかるらしい。

実際調べてみると、髪が伸びる人形や笑い声をあげる人形、何かが宿っている人形、側に置くと頭痛がする人形、時々歯ぎしりする人形etc...ずらっと出てきた。

すでに入札されているものもあって、ネットで今は何でも手に入る時代になったのだなあと思いながらIEを閉じた。そもそも最初の人形も、元の持ち主はネットで手に入れたと聞いている。

自分で購入して人形を集め始めると、何だか取り返しのつかないことになりそうな気がして怖いので、今のところは自分から買うつもりはない。

今も振り返ると、集まってきた5体の人形たちが私を見下ろしているからだ。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

人形怪談

バックナンバー

田辺青蛙

1982年大阪府生まれ。オークランド工科大学卒業。
2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で佳作となり、『てのひら怪談』に短編が収録される。2008年、『生き屏風』で、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。
現在大阪に作家の夫と在住。そんな夫とのアメリカ旅行記&エッセイ集の『モルテンおいしいです^q^』(廣済堂出版)『読書で離婚を考えた。』(幻冬舎)発売中。
怪談と妖怪ネタを常時募集中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP