1. Home
  2. 読書
  3. 人形怪談
  4. 8月2日生まれのお人形

人形怪談

2021.09.22 更新 ツイート

8月2日生まれのお人形 田辺青蛙

(写真:iStock.com/Hakase_)

数年前に怪談イベントで知り合ったUさんから聞いた話。

 

子供の時に誕生日が設定されている人形を貰ったんです。

私と同じ、8月2日生まれっていう設定で、明るい茶髪でソバカスが描かれている人形でした。結構大きくて60センチくらいあったと思います。

人形を受け取った時は嬉しかったんですけど、しばらくすると、何かその人形、本当は人形じゃなくって、人形のフリをしている何か違う生き物のような気がしてきて。

途中から気持ち悪くって仕方なかったんです。

決定的だったのは、まだ小さかった妹の髪の毛を引っ張ってる瞬間を見てしまったところです。

人形も私の方を見て、あっ! 見られてしまった! って顔していて。

そんな怖い動く意地悪をする人形なのにですよ、翌年に親が、プレゼントした人形と折角だから私との合同誕生会をしようって提案をしたんです。

もうそんなのするというか、人形と一緒に誕生日を祝う発想だけでも嫌で仕方なかったから、親に人形が妹の髪の毛を引っ張ってたよ! だから絶対に嫌だって! 説明して、何度言っても信じてくれなくて。

私はそれで、なんとなく、親が人形の手先みたいになってしまったと当時感じてしまったんで、人形をゴミ袋に生きた蝉と一緒に入れたんです。

一つ上の兄がいて、蝉取りが好きで、昼過ぎにはぎーぎーと鳴いてうるさい蝉で一杯になった虫かごが必ずベランダにはあったので、蝉はそこから調達しました。

蝉はいつも母が適当な時間に勝手に虫かごを開けて、逃がしていたので、兄は母がやったと思ったのか空になった虫かごを見ても特に何も言いませんでした。

人形と一緒にゴミ袋に入れた蝉は、空気が十分に無かったからか、それとも他の理由があったのか、鳴くのを直ぐに止めて静かになっていました。
蝉と人形入りのゴミ袋を押し入れに入れたその日の夕方、家のブロック塀に車がドン!! って突っ込んで来たんです。

親も私も兄もびっくりして、外に飛び出して車を見たらだれも乗って無かったんです。 

後日聞いた話だと、うちの家は坂道にあったからサイドブレーキをかけていない車の事故だったってことだったらしいんだけど、なんとなくあれは人形がしでかした事のように思えて……。

だって、うちの家古くって前にお爺ちゃんとお婆ちゃんが住んでいたんですけど、そんな事故あったのってあの1度だけですよ。

その事故から1年が経って、押し入れの人形と蝉のことも忘れていていきました。

でも8月2日の誕生日にケーキのろうそくを吹き消すと、髪の毛をくいくいくいって引っ張られる感触がして、ぎゃあって声をあげちゃったんです。

どうしたのって親に聞かれて、誰かに髪の毛引っ張られたって伝えました。

そしたら、その頃には喋れるようになっていた妹が「お姉ちゃんの後ろに小さなおててが見えた」って言って。

やっぱり人形がやったんじゃないかなと思いました。

その年の秋に、兄と子供部屋を別けるってことになって大掃除をした時に、押し入れも開けてゴミ袋に入れた人形も出て来たんです。

確か、母がゴミ袋から人形を取り出したと思うんだけど、蝉の死骸は出て来なくて、中には人形しか入ってなかったです。

でも、茶色の蝉だったものかも知れない粉みたいな欠片が入ってて、その時私はもしかしたら人形が蝉を食べたんじゃないかなって。

全部子供の頃のあなたの思い込みでしょって、この話すると今まで必ず言われて来たんですけど……そうだったらいいんでしょうけど、どうしてもそう思えなくって。

こういう思い出があるから、今も実家が苦手なんですよね。

色々と言われるんだけど帰れないんです。あの人形は、まだ捨てられていないはずだから家のどこかにあるんです。

今はコロナ禍を帰らない言い訳にしてるんですが、何か暗がりにいつもいるんです。

いつも……大きさもずっと60センチくらいで変わらない何かが本当にいるんです。

{ この記事をシェアする }

人形怪談

バックナンバー

田辺青蛙

1982年大阪府生まれ。オークランド工科大学卒業。
2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で佳作となり、『てのひら怪談』に短編が収録される。2008年、『生き屏風』で、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。
現在大阪に作家の夫と在住。そんな夫とのアメリカ旅行記&エッセイ集の『モルテンおいしいです^q^』(廣済堂出版)『読書で離婚を考えた。』(幻冬舎)発売中。
怪談と妖怪ネタを常時募集中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP