1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 弁当男子やってみた件

美しい暮らし

2019.05.05 更新

弁当男子やってみた件矢吹透

最近、なんだか世の中が、ぎすぎすしている、という印象がございます。

ちょっとしたことで、誰かや何かを寄ってたかって、袋叩きにするような、そんなあれこれを見聞きするたびに思うのは、人々が心に余裕を失くしているのではないか、ということです。

高齢少子化の流れの中で、経済の状況も芳しくなく、先行きの見通しに楽観できる要素の少ない現在のこの国にあって、心や気持ちに余裕を持て、というのは、無理な話なのかもしれません。


今の世の中には、糊代の部分が少なくなって来ているような気がいたします。

見方によっては、無駄に見えるような、しかし、とても必要な何か。

糊代、というのは、そういうものです。


私が子供の頃、大抵の家庭には必ず、閑(ひま)そうに見える人が、一人くらい居たことを、思い出します。

隠居した祖父母であったり、ちょいと道を外れて、人生を生きる叔父や叔母であったり、毎日、主に何をして暮らしているのか、よくわからない人の存在が、多くの家庭に当たり前のようにあった覚えがあります。

そういう人たちの存在が、家庭内に争議をもたらすこともままあるのですが、そういったあれこれも引っくるめ、世の中は回って行っていた、という印象があります。

そういう人たちが存在することを許し、内包して行く余裕が、人々の心にあったとも言えますし、逆に言えば、そういった人たちが、クッションや潤滑剤のようにいろいろなものを吸収し、皆の気持ちに余裕を与えていた、という面もあったのではないでしょうか。

子供の時分、一番よく遊んでもらったり、いろいろなことを教えてもらったのは、家庭の中のそういう、閑そうな人たちからだった、という印象があります。


数年前に、定職を辞し、細々と文章を書きながら、のんべんだらりと暮らす現在の私は、傍から見て、何をして生きているのかわからない、不可思議な存在、と映るようです。

 

 

透さんは、イカレポンチだからなあ、と行きつけの近所のバーのマスターはいつも、酔っ払った私に言います。

そうだよねえ、俺、フーテンのイカレポンチだからなあ、と私は答えます。


私が生活を共にしているパートナーは、介護福祉士として生計を立てております。

詳しいことは知りませんが、洩れ聞く印象のあれこれとしては、労働条件や環境は厳しく、俸給はそれに見合ったほどのものとはいえない、という感じを受けます。

ある日、帰宅したパートナーが、明日から弁当を持って行く、と言います。

話を聞くと、これまで、職場で昼食というものを摂っていなかったらしいのです。昼休憩の時間はあるのだけれど、缶コーヒーを飲んで、煙草を吸うだけで、昼食を摂る気持ちの余裕が持てないような状況があったようです。

しかし、同僚の看護士から、それでは、体や健康のためによくない、という注意を受け、翌日から弁当を持って行こうと考えている、ということでした。

夕飯のおかずの残り物を、朝、ジャーに詰めて行く、というので、栄養のバランスや見栄えを考え、副菜や野菜などを見繕い、翌朝のお弁当を作ることにいたしました。

出来上がった弁当の画像を友人に見せたところ、透ちゃんのパートナーは幸せ者だね、と友人が私に言います。

パートナーが幸せかどうか、私には判断はつきませんが、手作りのお弁当というものには、きっと幸せの記号のようなところがあるのだろう、と思いました。

そして、そのお弁当を用意できるのは、私がフーテンのイカレポンチだからだなあ、と思ったのです。

会社勤めをしていた頃の私には、時間的にも、気持ち的にも、パートナーにお弁当を作るような余裕はありませんでしたから。


自己を正当化しようというわけでもないのですが、イカレポンチも、糊代と同じように、世の中に存在することには、意味があるのではないか、と考えました。

どうかこの世の中が、イカレポンチな人間も、許容してくれるものであり続けて欲しい、と極めて個人的には、思うのです。

 

矢吹透さんイベント出演情報

山口真由、松永天馬、カワムラユキ、矢吹透で
「人生の居場所をどう作る?」イベントを6月13日に開催!

人生の居場所をどう作る?
~つながりの見つけ方、孤独との付き合い方~

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP