1. Home
  2. 生き方
  3. 美しい暮らし
  4. 弁当男子やってみた件

美しい暮らし

2019.05.05 更新

弁当男子やってみた件矢吹透

最近、なんだか世の中が、ぎすぎすしている、という印象がございます。

ちょっとしたことで、誰かや何かを寄ってたかって、袋叩きにするような、そんなあれこれを見聞きするたびに思うのは、人々が心に余裕を失くしているのではないか、ということです。

高齢少子化の流れの中で、経済の状況も芳しくなく、先行きの見通しに楽観できる要素の少ない現在のこの国にあって、心や気持ちに余裕を持て、というのは、無理な話なのかもしれません。


今の世の中には、糊代の部分が少なくなって来ているような気がいたします。

見方によっては、無駄に見えるような、しかし、とても必要な何か。

糊代、というのは、そういうものです。


私が子供の頃、大抵の家庭には必ず、閑(ひま)そうに見える人が、一人くらい居たことを、思い出します。

隠居した祖父母であったり、ちょいと道を外れて、人生を生きる叔父や叔母であったり、毎日、主に何をして暮らしているのか、よくわからない人の存在が、多くの家庭に当たり前のようにあった覚えがあります。

そういう人たちの存在が、家庭内に争議をもたらすこともままあるのですが、そういったあれこれも引っくるめ、世の中は回って行っていた、という印象があります。

そういう人たちが存在することを許し、内包して行く余裕が、人々の心にあったとも言えますし、逆に言えば、そういった人たちが、クッションや潤滑剤のようにいろいろなものを吸収し、皆の気持ちに余裕を与えていた、という面もあったのではないでしょうか。

子供の時分、一番よく遊んでもらったり、いろいろなことを教えてもらったのは、家庭の中のそういう、閑そうな人たちからだった、という印象があります。


数年前に、定職を辞し、細々と文章を書きながら、のんべんだらりと暮らす現在の私は、傍から見て、何をして生きているのかわからない、不可思議な存在、と映るようです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

矢吹透『美しい暮らし』

味覚の記憶は、いつも大切な人たちと結びつく——。 冬の午後に訪ねてきた後輩のために作る冬のほうれんそうの一品。苦味に春を感じる、ふきのとうのピッツア。少年の心細い気持ちを救った香港のキュウリのサンドイッチ。海の家のようなレストランで出会った白いサングリア。仕事と恋の思い出が詰まったベーカリーの閉店……。 人生の喜びも哀しみもたっぷり味わせてくれる、繊細で胸にしみいる文章とレシピ。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP