1. Home
  2. 社会・教養
  3. オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース
  4. “AIが暴走した”ってニュースは本当? ...

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

2018.03.26 更新 ツイート

第3回

“AIが暴走した”ってニュースは本当? その3泉美木蘭

 多種多様なフェイクニュース、誤訳した海外ニュースをSNSを通してネット上にばらまいているロシア政府系の通信社「SPUTNIK(スプートニク)」。日々生み出されるフェイクには枚挙にいとまがない。
 ところで、そもそも私がスプートニクに行き着くきっかけとなった「フェイスブック社が研究中のAI同士を会話させたら、人間には理解できない言語を開発して暴走しはじめたので、あわててシャットダウンし、処分した」というニュース。
 ついにディストピアな未来に追いついてしまったというSFっぷりが怖すぎて盛り上がったが、果たして真偽は!?

 ***

 このニュースは、「スプートニク」のほかにも、「GIZMODO」「Gigazine」「J-CASTニュース」「カラパイア」など多くのネットメディア、テクノロジー系のまとめサイトなどで紹介されていた。普通にSNSや検索サイトなどを利用していれば、無意識ながらも一度は記事にふれたことのありそうなサイトだ。

 どの記事も、「終わりの始まり…?」「人類を危機にさらすものなのか?」など、大いに人工知能の脅威を煽る見出しがつけられていたが――。

 実際に、フェイスブック社がどんな研究発表を行ったのかを調べてみた。

 

はい。フェイクでした。

 調べてみると、どうやら「AI暴走ニュース」の発生源は、2017年6月15日、フェイスブック人工知能研究所のブログに、研究チームが投稿した記事のようだった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

オオカミ少女に気をつけろ! ~欲望と世論とフェイクニュース

嘘、デマ、フェイク、陰謀論、巧妙なステマに情報規制……。混乱と不自由さが増すネット界に、泉美木蘭がバンザイ突撃。右往左往しながら“ほんとうらしきもの”を探す真っ向ルポ。

バックナンバー

泉美木蘭

昭和52年三重県生まれ、作家、ライター。日々、愛しさと切なさと後ろめたさに苛まれている不道徳者。社交的と思わせて人見知り。日頃はシャッターをおろして新聞受けから世間を覗いている。趣味は合気道、ラテンDJ、三浦大知。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP