1. Home
  2. 生き方
  3. さすらいの自由が丘
  4. 「よし、東京に戻ろう!」

さすらいの自由が丘

2017.11.16 更新 ツイート

第1回

「よし、東京に戻ろう!」 今村三菜

激しい離婚劇を繰り広げた著者(現在、休戦中)がひとりで戻ってきた自由が丘。田舎者を魅了してやまない町・自由が丘。「衾(ふすま)駅」と内定していた駅名が直前で「自由ヶ丘」となったというこの町は、おひとりさまにも優しいロハス空間なのか? 自由が丘に“憑かれた”女の徒然日記――。

 

 私は、また自由が丘に戻って来てしまった。他の地を何処でも選ぶ事ができたのに。もう、一人きりなんだから……。

 夫と暮らして十五年余り、その内、殆んどを自由が丘近辺で暮らした。最後の三年位は埼玉県境まで三百メートルの練馬区であったが。

 夫に浮気され、私は、大立ち回りをした挙句、夫を全力で家から追い出したら、そのまま失踪されてしまった。その間の出来事を、広くて寒い練馬の家で泣きながらエッセイに綴り、それが本になった所で、私は涙を拭いて心機一転パリに行ってみた。

 パリでは、ツーリスト用のアパートを借りた。フランスでは美術館に日参し、たくさんの絵を舐めるように見て味わい、カフェやレストランで美味しい物を食べ、近くの惣菜屋でいろいろなおかずを買って、アパートで堪能し、頭と胃をフランスで一杯にした。

 いつもお腹いっぱいで、Lサイズのパンツまでキツくなった頃、夫と暮らしていた練馬の古くて大きな寒い家に戻ったら、年末にひいた風邪をこじらせてしまい、正月が過ぎても起きられず、暖房器具もつけられずお茶を沸かせず冷たい水ばかり飲み、「今日は一体、何月何日でしょうか」と訳が分からなくなった所で、私を心配した友人と、実家の両親と弟の連携プレーで、車で迎えに来てもらい毛布にくるまれ、静岡の実家に帰った。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

今村三菜『お嬢さんはつらいよ!』

のほほんと成長してきたお嬢さんを奈落の底に突き落とした「ブス」の一言。上京し、ブスを克服した後も、地震かと思うほどの勢いで貧乏揺すりをする上司、知らぬ間に胸毛を生やす弟、整形手術を勧める母などなど、妙な人々の勝手気ままな言動に翻弄される毎日。変で愛しい人たちに囲まれ、涙と笑いの仁義なきお嬢さんのタタカイは今日も続く!

今村三菜『結婚はつらいよ!』

仏文学者・平野威馬雄を祖父に、料理愛好家・平野レミを伯母に持つ著者の波瀾万丈な日常を綴った赤裸々エッセイ。 ひと組の布団で腕枕をして眠る元舅・姑、こじらせ女子だった友人が成し遂げた“やっちゃった婚”、連れ合いをなくし短歌を詠みまくる祖母、夫婦ゲンカの果て過呼吸を起こす母、イボ痔の写真を撮ってと懇願する夫……。「ウンコをする男の人とは絶対に結婚できない」と悩み、「真っ白でバラの香りがする人とならできるかも」と真剣に考えていた思春期から20年余り、夫のお尻に素手で坐薬を入れられるまでに成長した“元・お嬢さん”の、結婚生活悲喜こもごも。

{ この記事をシェアする }

さすらいの自由が丘

激しい離婚劇を繰り広げた著者(現在、休戦中)がひとりで戻ってきた自由が丘。田舎者を魅了してやまない町・自由が丘。「衾(ふすま)駅」と内定していた駅名が直前で「自由ヶ丘」となったこの町は、おひとりさまにも優しいロハス空間なのか?自由が丘に“憑かれた”女の徒然日記――。

バックナンバー

今村三菜 エッセイスト

1966年静岡市生まれ。エッセイスト。仏文学者・詩人でもある祖父・平野威馬雄を筆頭に、平野レミ、和田誠など芸術方面にたずさわる親戚多数。著書に『お嬢さんはつらいよ!』『結婚はつらいよ!』(ともに幻冬舎)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP