1. Home
  2. 社会・教養
  3. 超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ
  4. 大阪城に集まった“牢人”たち。その中で、...

超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ

2016.10.25 更新 ツイート

ドラマ「真田丸」をもっと楽しむ解説7

大阪城に集まった“牢人”たち。その中で、哀川翔さん演じる「後藤又兵衛」が気になって仕方ない!房野史典〔ブロードキャスト!!〕

「大坂の陣」も目前。
豊臣秀頼のもとに、家康にムカついてる日本中の牢人たちが集まってきました。
その中に、哀川翔さんや岡本健一さんがいます。哀川さんは「後藤又兵衛」。岡本さんは「毛利勝永」。その役名、聞いたことあるような、ないような……。でも、この配役を見る限り、この二人が活躍しそうな気配はムンムンです。
いずれにせよ、集まってきたはいいけど、「カリスマ」不在でみんなバラバラ。現代社会と何ら変わりないこの様子が面白い!

*   *   *

幻冬舎plusをご覧のみなさん、こんにちは。
「東大生も唸った! 超現代語訳・戦国時代」という記事を書いております、房野史典と申します。

さて、今回のドラマ「真田丸」です。タイトルは「味方」。
徳川との戦いに備えて、豊臣のお城である大坂城(昔は”坂”です)に、続々と武将たちが集まります。
豊臣方が声をかけ、お城に集まってきたほとんどが、関ヶ原の戦い(徳川家康vs石田三成)で、土地や主人を失った、”牢人”たちでした(詳しくは前回の記事をどうぞ!)。
その中の一人が「真田丸」の主人公、”真田幸村(堺雅人さん)”です。
大坂城に幸村が入ったという知らせは、ラスボス・徳川家康(内野聖陽さん)の元にも届きます。昔、真田昌幸(草刈正雄さん)と、息子・信繁(幸村)に、徳川軍は二度も敗けています(どちらも、家康が現場で指揮をとってはいませんでしたけど)。
徳川にとって、”真田”というのは実に忌々しい名前です。
知らせを受けた家康は、戸に手をかけガタガタ震えながら、

家康「真田が! それは……父親か!? 息子か!?」

と、問いただしたと言います(すごく有名なエピソードですが、後世の創作だそうです。徳川の武将の中にも、父・昌幸は知っていても、子・幸村のことはピンとこない……「誰?」という人が結構いたみたいです。でも、この怯える家康は是非ホントであってほしいし、これに似たような言動が、当時もあったと願う自分がいます)。

豊臣のためにか、自分の名前を売るためにかは置いといて、大坂城に集まったのは牢人のみなさんです。悪い言い方をすれば、寄せ集めの集団。同じ殿の元に長年仕えて、同僚とも連携がとれている普通の大名家とは違います。各々の能力は高いけど、“即席チーム”です。
それに加えて、元から豊臣家に仕えている大野治長(今井朋彦さん)などの、官僚系とも力を合わせないとならない。ドラマでも描かれている通り、一つの物事を決めるにも、ゴチャゴチャして時間がかかったんじゃないでしょうか。

軍議の席でも後藤又兵衛(基次。哀川翔さん)が、

又兵衛「昔の身分、禄高(お給料ですね)、しがらみなど一切無くしてもらいたい。禄を失えば皆、牢人。そんなことで差をつけられてはたまらん。それだけは言うておくぞ」

と、発言して、会議が長引くきっかけを作ります。まだ意思統一ができていない牢人たちの間では、こんなやりとりが頻発してもおかしくないと思う一幕でした。
ちなみに、このセリフを言うのが後藤又兵衛ってとこが、キャラに合ってる気がして、すっと入ってきました。
ちなみに、又兵衛は哀川翔さん演じているほどです。注目すべき人物であるのはわかりますよね。
そこで、又兵衛について、今回は書いてみたいと思います。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』

{ この記事をシェアする }

超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ

歴史大好き芸人・ブロードキャスト!!の房野史典さんが、戦国時代を、”超現代語訳”したら、こんなにおもしろい物語になった!
東大卒の某人物も「こんなに頭にすんなり入ったことがない」と大絶賛したという、驚愕のわかりやすさ&面白さ。
NHK大河ドラマ「真田丸」でも大人気の「真田三代」のほか、歴史好きにはたまらない人選と人物描写で、読ませます。
戦国時代ほど、人間ドラマの宝庫はない!連載開始直後から、大人気。教科書で見かける有名な武将たちも、思わず可愛く思えてくる。笑いあり、涙ありの、戦国ドラマを、ぜひ。
→→連載人気が沸騰に沸騰して、ついに書籍化!『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』は絶賛発売中です。

バックナンバー

房野史典〔ブロードキャスト!!〕

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。 無類の戦国武将好きで、歴史好き芸人ユニット「六文ジャー」を結成し、歴史活動にも意欲的。 初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が、ブレイク! 戦国に始まり、今は幕末も大好物!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP