1. Home
  2. 社会・教養
  3. 超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ
  4. ドラマ真田丸、涙の最終回には「タイトル」...

超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ

2016.12.20 更新 ツイート

ドラマ「真田丸」がもっと楽しくなる解説15

ドラマ真田丸、涙の最終回には「タイトル」がなかった!
――あなたならどうつける? 房野さんはこうつけた!房野史典〔ブロードキャスト!!〕

ついにドラマ「真田丸」が最終回を迎えてしまいました。
どれほどの人が興奮し、涙したことでしょう!
次々と絶えゆく命……。
一方で、残された者には、この先を生きていく使命が待っている……。
涙・涙・また涙!
ドラマとともに、ドラマエッセイも、ひとまずここで終了。
“真田丸ロス”にさっそく陥ったあなたを、満足させてくれる、何度噛んでもオイシイエッセイです。

*   *   *

幻冬舎plusをご覧のみなさん、こんにちは。こちらで「東大生も唸った! 超現代語訳・戦国時代」という記事を書かせていただいている、房野史典と申します。
最近では大河ドラマ「真田丸」の解説を書いていたのですが、それも、今回で最終回です。

「真田丸」がついに最終回を迎えました。タイトルは…ありません。
この連載は”解説”と銘打っているので、当時の歴史的背景や、史実ではこうだったという話を織り交ぜて、記事を書いてきました。
でも今回は、一年このドラマを観てきた”想い”になりそうです。もしかしたらエッセイ的要素が強くなるかもしれませんが、どうぞご容赦ください。それを寛容に受け止めて、ドラマが終わった悲しみと、「真田丸」って最高だった! という感情を共有していただければ幸いです。
解説という側面では、この記事の最後に著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』の中から一部をお届けしますので、是非そちらをご覧ください。

豊臣VS徳川、最後の戦い。”大坂夏の陣”。
その中の最終決戦、”天王寺・岡山の戦い”が、冒頭で今まさに始まろうとしていました(是非前回までの記事をご覧ください。コチラより)。
大坂城内で酒盛りをしている兵士たち。
……を観てビックリしました。というのも、大河ドラマPRのために作られたスペシャルムービー「ダメ田十勇士」のメンバーだったので! 最終回で登場って、なんちゅう粋な演出なんでしょう(個人的に、事務所の先輩である博多華丸さん、ライブでご一緒させていただいた松村邦洋さんが登場されて、テンション上がりまくりでした)。

負けるとわかっている戦いだが、命など惜しくないと言い放つメンバーに向かって、真田幸村(堺雅人さん)は言います。

幸村私は命が惜しい。だから明日も決して死なん。必ずここへ戻ってくる…。命を惜しめ。そして必ず勝て」

誰一人として死なせたくない。そして、捨て身の覚悟より、”生きる道”を選んだ者の方が強い。ということを伝える幸村でした。
しかし、そのあとの淀殿(竹内結子さん)との会話にもある通り、幸村自身は”死ぬ覚悟”だったのでしょう…。
自分が死ぬ可能性を示唆すると、人の死に敏感な淀殿は、泣いて怯えます。その彼女に、この戦が終わったあとのことを静かに語る幸村は、まるで子供を諭す父親のようでした。
涙を拭いてあげながら
「望みを捨てなかった者にのみ、道は開けるのです」
と言ったあのシーン。もちろんその言葉に嘘はなかったと思います。が、自分の身がどうなるかわからない中、目の前の大切な人を奮い立たせるためだけに発せられたようで、悲哀の色が濃く滲んだセリフに聞こえました。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』

{ この記事をシェアする }

超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ

歴史大好き芸人・ブロードキャスト!!の房野史典さんが、戦国時代を、”超現代語訳”したら、こんなにおもしろい物語になった!
東大卒の某人物も「こんなに頭にすんなり入ったことがない」と大絶賛したという、驚愕のわかりやすさ&面白さ。
NHK大河ドラマ「真田丸」でも大人気の「真田三代」のほか、歴史好きにはたまらない人選と人物描写で、読ませます。
戦国時代ほど、人間ドラマの宝庫はない!連載開始直後から、大人気。教科書で見かける有名な武将たちも、思わず可愛く思えてくる。笑いあり、涙ありの、戦国ドラマを、ぜひ。
→→連載人気が沸騰に沸騰して、ついに書籍化!『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』は絶賛発売中です。

バックナンバー

房野史典〔ブロードキャスト!!〕

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。 無類の戦国武将好きで、歴史好き芸人ユニット「六文ジャー」を結成し、歴史活動にも意欲的。 初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が、ブレイク! 戦国に始まり、今は幕末も大好物!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP