1. Home
  2. 社会・教養
  3. 超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ
  4. ドラマ「真田丸」。現代を生きる我々の生き...

超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ

2016.09.26 更新 ツイート

【特別回】ドラマ「真田丸」をもっと楽しむ解説3

ドラマ「真田丸」。現代を生きる我々の生きる道まで示してくれた、真田昌幸の最期の”究極の言葉”とは!?房野史典〔ブロードキャスト!!〕

真田一家が、いかにすごかったかをもっとも体現したのは、真田昌幸かもしれません。
ドラマ「真田丸」の先日の放送では、あの無敵の昌幸が、権力に負けて次第に老いていく様子が描かれ、胸が苦しくなりました。
ということで、今回もドラマのご紹介しますが、そもそもこのコーナーは房野さんの『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』の連載。どんなわけで、この本が面白がられているのかも、しっかり解説しますよ~!

*   *   *

皆さん、こんにちは。
幻冬舎pulsさんで「東大生も唸った! 超現代語訳・戦国時代」という連載をさせていただいている、房野史典というものです。
つい先日(9月8日)、この連載に、加筆、修正を加えたものが、書籍となりました。タイトルは『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』です。
戦国時代の出来事を噛んで噛んで、砕いて砕いて、お届けしているので、「歴史に全然興味なかったけど、これなら読めた!」とか、「歴史の知識が全くなかったけど、ホントにわかりやすい!」というようなお言葉をたくさん頂きました。本当に嬉しくて、ありがたいです。
ではここで、どんな嚙み砕き方をしているかの例を、”大名と国衆”の説明で読んでいただきたいと思います。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』

{ この記事をシェアする }

超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ

歴史大好き芸人・ブロードキャスト!!の房野史典さんが、戦国時代を、”超現代語訳”したら、こんなにおもしろい物語になった!
東大卒の某人物も「こんなに頭にすんなり入ったことがない」と大絶賛したという、驚愕のわかりやすさ&面白さ。
NHK大河ドラマ「真田丸」でも大人気の「真田三代」のほか、歴史好きにはたまらない人選と人物描写で、読ませます。
戦国時代ほど、人間ドラマの宝庫はない!連載開始直後から、大人気。教科書で見かける有名な武将たちも、思わず可愛く思えてくる。笑いあり、涙ありの、戦国ドラマを、ぜひ。
→→連載人気が沸騰に沸騰して、ついに書籍化!『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』は絶賛発売中です。

バックナンバー

房野史典〔ブロードキャスト!!〕

1980年岡山県生まれ。名古屋学院大学卒業。お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当。 無類の戦国武将好きで、歴史好き芸人ユニット「六文ジャー」を結成し、歴史活動にも意欲的。 初の著書『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が、ブレイク! 戦国に始まり、今は幕末も大好物!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP