1. Home
  2. お知らせ
  3. 「小説幻冬」編集部より
  4. 小説幻冬1月号発売!恩田陸さん、住野よる...

「小説幻冬」編集部より

2022.12.27 更新 ツイート

小説幻冬1月号発売!恩田陸さん、住野よるさん短編小説掲載! 幻冬舎編集部

年の瀬も迫る本日12月27日、小説幻冬1月号が発売となりました。

表紙はレトロ喫茶でたたずむオニくんたち。年末はのんびりコーヒーを飲みながら読書の時間を取りたいですね。

内容を少し、ご紹介します。

★恩田陸さん「珈琲怪談IV」

古い街の喫茶店で怪談を披露しあうため、検事の黒田、作曲家兼ミュージシャンの尾上、外科医の水島、音楽プロデューサーの多門が不定期に集まる会「珈琲対談」。これまで、京都、横浜、神保町で開催されてきました。今回は日本の珈琲文化発祥の地・神戸で喫茶店をはしご。どんな怪談が披露されるのでしょうか――。

★住野よるさん「麦本三歩はあだ名が好き」

脳内では周囲の人々を、あだ名で呼んでいる三歩。しかし、新しく一緒に働くことになった先輩の特徴をなかなか見つけられず、「普通の先輩」と呼んでいて……。大人気、三歩シリーズの最新作が掲載です! 三歩独特のワードセンスにも癒されます。

★一木けいさんの新連載「ひとえに愚か」

母と、母の三人の恋人と一緒に住む千夏は、目立つことを恐れ、人にやさしい高校生。彼女の高校生活は、はっとする声をした男子との出会いと、母の実家の全焼から始まって……。

『1ミリの後悔もない、はずがない』など話題作多数の一木けいさんによる新連載です。

★2022年の小説を振り返る

POP王と呼ばれるブックジャーナリスト・アルパカ内田さんと、幻冬舎営業局の販促担当・コグマ部長のコンビが、昨年に引き続き今年も、この一年の出版界を振り返る対談をお届け。それぞれにイチオシ本も選んでもらいました。年末の読書のおともにぜひ。

 

今月も盛りだくさんでお届けしています。ぜひお手に取っていただけると嬉しいです。

★読者プレゼント

小説幻冬1月号を3名様にプレゼントします。

見取り図盛山晋太郎さんの連載「しばけるもんならしばきたい」では、M-1ラストイヤーを終えた心境を書いていただきました。

※このプレゼントの応募期間は終了しました

※1月26日(木)23:59締め切り

※よろしければメッセージ欄で下記のアンケートにお答えください(任意)

1.好きな作家を教えてください

2.これまでに「小説幻冬」を読んだことがありますか?

3.(上の質問で「ある」と答えた方)今までに読んだ「小説幻冬」掲載作品の中で面白いと思った作品(読切含む)を教えてください(複数回答可)

4.1ヶ月に何冊本を読みますか?

5.読みたい小説のジャンルはありますか?

6.「この作家の連載が読みたい!」という人がいたら教えてください

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP