1. Home
  2. お知らせ
  3. 「小説幻冬」編集部より
  4. 小説幻冬6月号発売!伊坂幸太郎さん特集ほ...

「小説幻冬」編集部より

2022.05.27 更新 ツイート

小説幻冬6月号発売!伊坂幸太郎さん特集ほか 幻冬舎編集部

5月27日、小説幻冬6月号が発売となりました。

今月は伊坂幸太郎さん『マイクロスパイ・アンサンブル』の刊行を記念して、カバーコラボ! ペンギンさんたちとオニくんが表紙に登場いsています。

内容を少し、ご紹介します。

 

★伊坂幸太郎さん特集!

伊坂幸太郎さんの新刊『マイクロスパイ・アンサンブル』はもともと、猪苗代湖で開催されている音楽&アートフェス「オハラ☆ブレイク」の会場で配布されるために書いてきた連作短編。2015年のフェススタート時からから7年の時を経て、書籍となりました。そもそもなぜフェスのために小説を書くことになったのか、どんな思いで書き続けていたのかなどをお話いただいた伊坂幸太郎さんのインタビューや、友清哲さんによる解説、冒頭の試し読みなど盛りだくさんです。

 

★國分功一郎さんと千葉雅也さんの哲学対談

今年2月に行われたオンライントークイベント「いま『哲学』で考えることの意味」を再構成した対談を掲載しています。お二人の対談集『言語が消滅する前に』の刊行記念イベントとして行われたこちらの対談では、学生時代の共通体験や現在のSNSにおける言葉をめぐる状況まで、濃密なお話をいただいています。

 

★今野敏さん、中山七里さんの新連載がスタート

今野敏さんの新連載は、「警視庁強行犯係・樋口顕」シリーズの新作です。奥多摩の山中で見つかったのは、樋口の娘と同年代の女性。全裸の状態で白いシーツに包まれ、遺棄されていた。警察官として、親として、樋口は何を思うのか――。

中山七里さんの新連載は「作家刑事毒島」シリーズの第4弾。小説講座を主宰する作家・多門紀平はまともな小説を書けない受講生たちに悩まされていた。そこへ文才にあふれる新受講生が現れて……。毒島の登場が待たれる、初回です。

 

今月も盛りだくさんでお届けします。お手に取っていただけると嬉しいです。

 

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP