1. Home
  2. 読書
  3. 新宿・歌舞伎町
  4. 300万円シャンパンタワーの快感…ホスト...

新宿・歌舞伎町

2022.10.17 更新 ツイート

300万円シャンパンタワーの快感…ホストクラブの秘密を手塚マキ・鈴木涼美・ダースレイダーが語る動画を再販売 幻冬舎plus編集部

元ナンバーワンホストにして、現経営者の手塚マキさんによる新書『新宿・歌舞伎町 人はなぜ<夜の街>を求めるのか」を原案にした漫画『夜を生きる 歌舞伎町ホスト・手塚マキ』が11月9日に発売、11月17日~27日には舞台『夜鳥 翔べ~夜を生きる~歌舞伎町ホスト 手塚マキ物語』が11月17日~27日、新宿シアターモリエールにて上演されます。

あらためて手塚さんのこと、ホストクラブのこと、あるいは歌舞伎町について気になる人が増えてくると思います。そこで2020年12月に開催した、手塚マキさん、鈴木涼美さん、ダースレイダーさんによるトーク「誰も教えてくれなかった〈ホストクラブ〉の秘密」のアーカイブ動画を再販売することにいたしました。

実際にホストクラブに集い、歌舞伎町の独自の価値観、ホストクラブの楽しみ方について2時間超たっぷり話しました。
下記は、その一部です(動画内の視聴期限は開催当時のものです)。

視聴期限は、2022年12月31日(土)23時59分まで。ゆっくりお楽しみいただけますので、ぜひ下記よりご購入ください。

関連書籍

手塚マキ『新宿・歌舞伎町 人はなぜ<夜の街>を求めるのか』

戦後、新宿駅周辺の闇市からあぶれた人々を受け止めた歌舞伎町は、アジア最大の歓楽街へと発展した。黒服のホストやしつこい客引きが跋扈し、あやしい風俗店が並ぶ不夜城は、コロナ禍では感染の震源地として攻撃の対象となった。 しかし、この街ほど、懐の深い場所はない。職業も年齢も国籍も問わず、お金がない人も、居場所がない人も、誰の、どんな過去もすべて受け入れるのだ。 19歳でホストとして飛び込んで以来、カリスマホスト、経営者として23年間歌舞伎町で生きる著者が<夜の街>の倫理と醍醐味を明かす。

倉科遼/柳葉あきら『夜を生きる 歌舞伎町・ホスト手塚マキ物語』

〈夜の街〉と〈ホストの人生〉を変え続ける男。 新宿・歌舞伎町の元ナンバーワンホスト名物経営者の生きざまをネオン劇画の巨匠がマンガ化&舞台化 軽い気持ちで新宿・歌舞伎町のホストクラブで働くことにした19歳、大学一年生の手塚マキ。優等生人生では見ることのなかった世界。刺激的な毎日。とはいえ、いつかは就職して、まっとうな社会人になるつもりだった。なのに、ナンバーワンになった自負と虚栄心によって起こした事件で歌舞伎町にとどまることになってしまう――。挫折も、孤独も、欲望も、人間のすべてを飲み込む、新宿・歌舞伎町で生き続けるということ。「『夜王』を終えて10年。もう一度ホストを書きたいと私に思わせたのが手塚マキです」と倉科遼氏に言わしめた、稀有な夜の街の住人、手塚マキの生きざまをマンガ化。2022年11月17日〜27日は新宿シアターモリエールにて本作を舞台化する。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP