1. Home
  2. 暮らし術
  3. まいにち酒ごはん日記
  4. 京都で食べる卵焼きサンド

まいにち酒ごはん日記

2022.04.20 更新 ツイート

京都で食べる卵焼きサンド ツレヅレハナコ

4月13日(水)に文筆家・ツレヅレハナコさんの最新刊『まいにち酒ごはん日記』が発売になりました。本書は、食と酒と旅を愛する著者が、インスタグラムに綴ってきた投稿の直近3年間分を厳選&大幅加筆修正したオールカラーの日記本です。前半は国内海外と旅に出て外ごはんを楽しむ一方、後半はコロナ禍で自炊生活に勤しむ日々が綴られています。日記本とはいえ情報量がとても多いので、ぜひメモを片手にお楽しみください。また、巻末には「読むだけで作れる31レシピ」も収録されています。本書の内容を、少しずつ抜粋してご紹介します。

*   *   *

萌えまくり昭和デパート

再び大槌町へ。新幹線は新花巻駅で降りました。そのお目当ては地元の旧老舗デパート「マルカンビル」!

最上階にあるのが「マルカンビル大食堂」。花巻市民なら一度は行ったことのある、いわゆる「デパートの食堂」だったけれど、建物老朽化につき惜しまれつつ閉店。でも去年、地元の30代男性がビルを丸ごと引き継いで耐震性を上げ、みごと再建させたという胸熱な場所。

パノラマが広がる開放的な大きな窓からは花巻の街並みが見渡せ、フロアにはレトロな制服を着たホールスタッフさんたち。そして、子どもからお年寄りまで、超楽しそうにランチセットやら、そばやら寿司やらハンバーグやら、パフェやら名物の巨大ソフトクリーム(箸で食べる!)やらを食べている。なんなのこのピースフル空間……。

「ほかの場所に移築して再オープンさせてはという声もあったけれど、この窓からの景色がなければマルカンじゃないから」という社長の言葉がいいよね。

ホカホカ卵焼きサンド

京都へ。完全プライベートなので、好きなもの食べまくるぞー。まずは喫茶店「アマゾン」でオムレツサンド2種! 関西の卵をはさむサンドイッチは、ゆで卵をつぶしてマヨで和えるのが定番の関東とは異なり、焼きたての卵焼きをはさむのが主流なのが面白い。

ひとつ目のシンプルな「オムレツサンド」は、熱々のふんわり卵焼きにケチャップ。んー、これこれ。イメージ通り! そして、こちらの陰の(?)名物「和風トーストサンド」。トーストしたパンにオムレツ、きゅうり、焼きのり、しょうゆ味のおかかがはさんである。うおー、意外性のある組み合わせに悶絶。こっちはパンをトーストしてあるのがキモだな。今度、東京でやってみようっと。

京都のオムレツサンドの喫茶店といえば「マドラグ」が有名だけれど、「アマゾンは雰囲気がめちゃめちゃ良いから!」とのオススメ通り最高。カウンターに降り注ぐ日の光を浴びていると、良い一日が始まる予感しかしない。

朝市ですする巨大ひっつみ

盛岡へ。毎朝5時から8時半頃までやっている地元朝市があると聞き、根性で行ってみた。その名も「神子田朝市」! 盛岡駅からは車で10分ほどです。眠いよう。

お目当ては、ひっつみ。小麦粉を練って、具だくさんの汁物に入れる「すいとん」のようなもの。昨夜の居酒屋でもシメに食べたけれど、大槌町で食べて以来、すっかりハマっているのです。プリプリもちもちの食感、たまらん! そして、クリアなスープが二日酔いに染みる。

この朝市にもプレハブのひっつみ専門店がありまして。生地を小さくちぎって投げ入れるのではなく、幅広にのばしておいたものをゆでる系。べろんべろん! 食べるところによって厚みが少しずつ違って面白いな。

ほぼ地元民しかいない朝市で、なんだかのんびり。まんまる焼きおにぎりの中には大根のみそ漬けが入っていた。来週から青森なのに、市場に並んでいた八戸の筋子のあまりの立派さと安さに、たっぷり買ってしまったわい。白メシだー!

関連書籍

ツレヅレハナコ『まいにち酒ごはん日記』

3年間の飲んで食べて美味しかったこと全部! 集めた日記本。読むだけで作れる自炊レシピ付き 2018年春から2021年夏まで、ちょうどコロナで世の中が変化した狭間の3年間の飲んで食べて旅して感じたこと、考えたことを集めたオールカラーの日記本。全国にある著者の好きなお店から日々の自炊レシピ、お気に入りの取り寄せ品なども載っていて、楽しく役立つ1冊です。

{ この記事をシェアする }

まいにち酒ごはん日記

2018年春から2021年夏まで、ちょうどコロナで世の中が変化した狭間の3年間の飲んで食べて旅して感じたこと、考えたことを集めたオールカラーの日記本。巻末には読むだけで作れる31レシピ付き。

バックナンバー

ツレヅレハナコ

食と酒と旅を愛する文筆家。ホームページ時代を経て、現在はインスタグラムを中心に日々の飲んだり食べたり美味しかったりしたことを綴っている。雑誌やウェブへの寄稿多数。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)『ツレヅレハナコのじぶん弁当』(小学館)『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)『女ひとり、家を立てる』(河出書房新社)『ツレヅレハナコのお取り寄せ』(立東舎)など。
インスタグラム:@turehana1

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP