1. Home
  2. 暮らし術
  3. まいにち酒ごはん日記
  4. うなぎには焼酎お湯割りで

まいにち酒ごはん日記

2022.06.08 更新 ツイート

うなぎには焼酎お湯割りで ツレヅレハナコ

文筆家・ツレヅレハナコさんの最新刊『まいにち酒ごはん日記』が発売になりました。本書は、食と酒と旅を愛する著者が、インスタグラムに綴ってきた投稿の直近3年間分を厳選&大幅加筆修正したオールカラーの日記本です。前半は国内海外と旅に出て外ごはんを楽しむ一方、後半はコロナ禍で自炊生活に勤しむ日々が綴られています。日記本とはいえ情報量がとても多いので、ぜひメモを片手にお楽しみください。また、巻末には「読むだけで作れる31レシピ」も収録されています。本書の内容を、少しずつ抜粋してご紹介します。

*   *   *

卵入れ放題の夢スンドゥプ

かねてからの夢だったのです。スンドゥブに、好きなだけ卵を入れること!

昔の職場時代、近所の韓国料理店で大好物のスンドゥブを頼むたび卵を入れ忘れられ、勇気を出してクレームを入れること4回(わざとかってくらい忘れすぎ!)。「卵を食べるためにスンドゥブを頼んでるのに、どういうことじゃー!」とマジ怒りした思い出が……。

そんなに食べたいなら、自分で作って、好きなだけ卵を入れたらかなり幸せなのでは? その結論に行きついて、ついに実践してみました。「北陸アルミニウム」の両手アルミ鍋かわゆい。

オキアミの塩辛がなかったので(まあ韓国料理好きの家じゃなきゃないよね)ナンプラーを入れたらなかなか良い感じ。冷凍していたあさり・豚バラ・豆腐・もはや汁しかない酸っぱい白菜キムチ・冷蔵庫の残り野菜いろいろ・粉唐辛子とすりごまをたっぷりと。

具がクタクタになっておいしくなる残りは、明日また食べます。うどんを入れて煮るのもいいな。

ハナコ監修のカレー皿完成

長崎県の焼き物「波佐見焼」とコラボして、ツレヅレハナコ監修のカレー皿を作りましたー。「zen to」という新ブランドです。そうなると、その皿を使いたくて家でもカレー三昧。Netflix で『マダム・イン・ニューヨーク』観たら急激に作りたくなっただけともいう。

チャナダールのカレー、揚げなすのサグチキン、ココナッツたっぷりのにんじんポリヤル、きゅうりと玉ねぎのアチャール、ゆで卵。カレーは小分け冷凍しておくと、もう1種作ればすぐ盛り合わせにできる。

前は頑なにバスマティ米を湯取りにしていたけれど、日本米をスパイスやサフランと炊飯器で炊いたらこれもまた良かったので今回も日本米。炊いている間、部屋中がカルダモンの香りになるのがたまらん。

チャナダールは、カレーはもちろんスターターのホールスパイス的にも使うところが面白い豆。ポリヤルにも入れてみました。この豆カレー、ホクホク甘みが強いのでスリランカ式に仕上げにレモン搾ってもいいかもな。はー、それにしてもまたインド行きたいよー。今年は無理よね……コロナめ。インド行けないのと地方のスナックでカラオケできないのが二大欲求不満。

明かされるうざくの謎

いつぞやの晩酌。いきなり食べたくなったので、プチ贅沢して「うざく」(そういえば、なんでそんな料理名なんだろうと思って調べたら「うなぎをザクザク切るから」だそう。しかも本来は三重県の郷土料理なのねー。何気にうな重よりこっちの方が好きなつまみ舌)。

うざくのきゅうりは、ちゃんと種を取って塩もみしたら水けが出ずシャキシャキでおいしかった。その代わり、枝豆は面倒がってハサミで一房ずつにしなかったら超食べづらかったわ。

仕事で山のようにいただいた青森の長芋、毎日食べてたな。この日はフライパンで焼いてバターじょうゆに温玉。ほかには、すりおろしてみそで味つけて卵や長ねぎのみじん切りをどっちゃり混ぜてオーブンで焼いたりね。とろろのベストフレンドは麦めしだろうけど、卵も負けていない。細長く切って青海苔と磯辺揚げにしたり、チーズと春巻きにしても。

うなぎの脂には焼酎でしょう! ということで、お酒は愛する「さつま白波」を夏でもお湯割りに。大工の棟梁が追加工事に来てくれたとき、「なんでこの家は家中に酒があるんだ!」「こんな酒(↓「さつま白波」)、うちの親父が呑んでた酒だぞ!」と言っていたのを思い出す……好きなんだからほっといてくださーい!

関連書籍

ツレヅレハナコ『まいにち酒ごはん日記』

3年間の飲んで食べて美味しかったこと全部! 集めた日記本。読むだけで作れる自炊レシピ付き 2018年春から2021年夏まで、ちょうどコロナで世の中が変化した狭間の3年間の飲んで食べて旅して感じたこと、考えたことを集めたオールカラーの日記本。全国にある著者の好きなお店から日々の自炊レシピ、お気に入りの取り寄せ品なども載っていて、楽しく役立つ1冊です。

{ この記事をシェアする }

まいにち酒ごはん日記

2018年春から2021年夏まで、ちょうどコロナで世の中が変化した狭間の3年間の飲んで食べて旅して感じたこと、考えたことを集めたオールカラーの日記本。巻末には読むだけで作れる31レシピ付き。

バックナンバー

ツレヅレハナコ

食と酒と旅を愛する文筆家。ホームページ時代を経て、現在はインスタグラムを中心に日々の飲んだり食べたり美味しかったりしたことを綴っている。雑誌やウェブへの寄稿多数。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)『ツレヅレハナコのじぶん弁当』(小学館)『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)『女ひとり、家を立てる』(河出書房新社)『ツレヅレハナコのお取り寄せ』(立東舎)など。
インスタグラム:@turehana1

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP