1. Home
  2. 生き方
  3. 極北でアートを学ぶ
  4. マイナス37度の世界で考える冷蔵庫の存在

極北でアートを学ぶ

2021.11.23 更新 ツイート

マイナス37度の世界で考える冷蔵庫の存在 吉村静

ドーソン・シティはここ数日で一気に気温が下がって、マイナス30度を下回る日が続いている。初めてマイナス30度を体感した日は「やった~!」とか、はしゃいでいたけれど、数日続いただけですでに「これ、私、冬越えられんのか?」と不安になってきた。

昨日はマイナス37度に達し、さすがに外に出る気がしなかった。外を歩くときは肌を露出しないようにマフラーなどで顔を覆う。そうしないと肌が寒さにやられてしまう。特にドーソンは空気がとても乾燥しているので、ただでさえ肌を露出したまま歩いただけでカピカピになってしまう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

極北でアートを学ぶ

カナダへ移住して4年半。バンクーバーを飛び出し、私はドーソン・シティへ引っ越した。目的は、ビジュアル・アートを学ぶため。氷点下40度に達し、オーロラの見える極北の地で、どんな人と、どんな風景と出会えるだろう。ありのままの生き方を探す、ゆったりエッセイ。
[バナーデザイン:宗幸(UMMM)]

バックナンバー

吉村静

1987年、新潟県長岡市生まれのランナー。走歴25年。ランニング雑誌の出版社に勤めた後にカナダへ渡り、トレイルランニングやハイキング、日々のお散歩に没頭する。カナダで2年過ごしたのちに南米やニュージーランド、インドなど様々な国で写真を撮りながら旅をする。2019年からカナダの永住権を取得し、現在はバンクーバーで暮らす。トレイルランニング用品専門店Run Boys! Run girls!のウェブにてアウトドアスポーツのある生活を綴る「Tip of the iceberg Newspaper」という名のブログも更新中。バンクーバーのヌーディストビーチで開催される裸のランニング大会Bare Buns Run2014年大会女子の部優勝。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP