1. Home
  2. 生き方
  3. しらふで生きる
  4. 酒を悪者にしても、酒にすがっても「人生の...

しらふで生きる

2021.07.13 更新 ツイート

酒を悪者にしても、酒にすがっても「人生の寂しさ」は同じ 町田康

新型コロナの感染対策が、なぜかアルコール対策のようになっている日本。そのことへの不満はおおいにありますが、以前だったら気軽に楽しめた外での飲酒が制限され、これを機にお酒をやめたひと、家飲みで際限なく飲むようになった人、お酒との付き合いが変わった人も多いでしょう。

30年間毎日酒を飲み続けた町田康さんが自らの禁酒を綴った『しらふで生きる』は、人生における酒の意味を考えるのにぴったりの本。発売以来、編集部には、本の感想とともに、自分とお酒の関係を綴った読者ハガキがたくさん届いています。感想までおもしろいその一部をご紹介します。

全体の色と表1のコピーを変えた新しい帯

人生の奥深さ(68歳・女)

人生は寂しいとキッパリ言ってもらって嬉しかったです。家族が居てもペットがいても、皆それぞれ寂しいのが人生の奥深いところだと思います。町田様には元気でいてもらって面白い御本これからもおねがいします。

「人生は楽しくない」が刺さりました(35歳・女性)

「普通、人生は楽しくない」。酒は飲みませんが(下戸なので)、スマホゲームや甘いものに溺れていたため刺さりました。溺れそうになったら再読しようと思います。先生の小説も読みたいので、今度買います。

好きな人の声ならば(50代・女性)

町田康様この本を書いて下さりありがとうございます。体調をくずしてでも飲みたい夫が、この本を読みはじめています 身内の声は届かなくても好きな人の声には耳を傾けるのだなと。感謝しております

決断しました(71歳・男性)

長い間、酒は友と思って飲んできましたが、もう毎日飲むのを、止めようと、決断しました。高血圧の原因も、アルコールでした。医院での、各種検査でも大巾に改善され、院長も、毎日の酒飲みを、止めた事が良い決果に出たと感心されていました。人間、長生きした方が、勝ち! です。

「己がアホ」だと常に心に刻み(59歳・男)

50歳で久里浜に入り、断酒したものの何度も再飲酒を繰り返しています。先月(2020年8月)には、金麦を大量飲酒してどこか右足首を折り、現在は手術待ちで入院中です。己がアホだというのは感づいてはいましたが、常に心に刻み、断酒と飲酒のバランスのはざまで断酒の方に振り手を揺らし、寂しい人生を味わいたいと思いました。

認識改造に役に立つ(78歳・女)

町田康様が生きておられてよかった。心強いです。本書は飲酒する人のみならず、いつのまにか体をいため傷つけてしまう考え方・生き方をしている様々な人々の「わが」の「認識改造」に役立つと思います。

必読!!(60歳・男)

禁断酒中毒患者必読!! この書を酒肴に一献傾けよw

ホドホドを目指して(71歳・男)

考えることの飛躍がおもしろい。こんなにも話題を広げられるものかと感心。そして、その結果は、身にしみる感じもある。と言って、酒をやめようとは思わず、ホドホドが最適と再確認。

酒量を減らせと(64歳・男)

人間ドックで酒量を減らせと言われ久しいです。ちょっと、考えを変えようと思ったとき、目にとまりました。大いに参考になりました。

全編うなずきながら(64歳・男)

とても面白く読めた。ちょうど断酒一か月弱の自分であったので、全編うなずきながら読み通せた。タイムリー。著者より少し上の世代の自分ですがこの本に出会えてうれしかった。

負けそうになるたびに(52歳・男)

12月24日にこの本を買ってその夜はたくさんお酒を飲みながら読みましたが、翌日25日から禁酒始めました。ちょうど町田さんが始めた日と同じだったため、負けそうになるたび読んでまだ続いています。

本文の字が格好良い(41歳・男)

音楽とアルコールが最高の楽しみと考えてきましたが、考えが改まりそうです。本文の字体が格好良いと思いました。

断酒して不都合はない(66歳・男)

本書を新聞広告で知った。自分も15年ほど前に好きだった酒を断ったので興味を持った。なによりも著者は博学だなあ、と感心したし、何よりも面白くて笑ってしまった。断酒の感想は私も同じだった。断酒して不都合なことは何もない。

僕はワンカップ人生(57歳・男)

町田さんとは同い年です。本書はすばらしい。僕はまだアル中です。入院もしましたが直りません。ワンカップ人生。出版社の社長もクビになりました。らもさん、あづまさん等々、みんなアル中は死にます。自己認識改造、手遅れかもしれませんが、やってみます。もう、肝臓はもちろんガタガタです。そんでも「メシ喰うな!」聞きながらワンカップ飲んでます。ホント、アホです。

逆に酒が飲みたくなった(24歳・男)

断酒にまつわるおもしろエピソードがつづられているのかと思ったが、予想に反して、他の依存に対しても通ずる、巷の陳腐な自己啓発よりも真っ当な言葉があり、トクした気分。町田節、好きです。あと、逆に酒が飲みたくなった。

 

ポップ

酒の失敗に共感(65歳・男)

発想、話の展開が奇抜で先々を楽しみに読ませてもらいました。酒の失敗に共感し、ドキッとするところもありました。私にとっては難読な字が多く電子辞書を片手にして読んだので少し時間がかかりました。もっと整理してみたいのでもう一度読みます。

説得力がありすぎる

恐い本ですね。心に刺さりすぎて。真剣に断酒しようと思いました。思っただけで、実行には致っておりませんが、説得力がありすぎて読んでいて、どんどん辛くなりました。ですが、とても面白い本だと思います。

自分もやめそう(70歳・男)

自分も酒飲みで、体具合がおかしい最近、書店で目にしてすぐに買った。毎晩少しずつ読みながら町田氏に感心している。自分も酒をやめそうだ。町田氏とは条件、状況はちがうだろうけど。

違った世界を期待して(63歳・男性)

自分も40年間飲み続けてきて、思う事あり、違った世界が見えてくる事を期待して禁酒しよう。

内容に重み(52歳・男性)

丁度、飲食が原因と思われる体調不良を感じていた時に本書を読みました。酒飲みの心理をユーモラスに描いており、惹きつけられました。今まで読んだ他のどの禁酒を薦める書よりも内容に重みのあるものと思います。

◎書店様へ◎

新帯でのご注文、ポップのご希望がございましたら、弊社営業部 gentosha_shoten@gentosha.co.jp までご連絡ください。

関連書籍

町田康『しらふで生きる 大酒飲みの決断』

4年前の年末。「酒をやめよう」と突如、思い立ち、そこから一滴も飲んでいない作家の町田康さん。 「名うての大酒飲み」として知られた町田さんが、なぜそのような決断をしたのかを振り返りながら、禁酒を実行するために取り組んだ認識の改造、禁酒によって生じた精神ならびに身体の変化、そして仕事への取り込み方の変わるようなど、経験したものにしかわからない苦悩と葛藤、その心境を微細に綴る。全編におかしみが溢れながらもしみじみと奥深い一冊。

町田康『リフォームの爆発』

マーチダ邸には、不具合があった。人と寝食を共にしたいが居場所がない大型犬の痛苦。人を怖がる猫たちの住む茶室・物置の傷みによる倒壊の懸念。細長いダイニングキッチンで食事する人間の苦しみと悲しみ。これらの解消のための自宅改造が悲劇の始まりだった――。リフォームをめぐる実態・実情を呆れるほど克明に描く文学的ビフォア・アフター。

町田康『餓鬼道巡行』

熱海在住の小説家である「私」は、素敵で快適な生活を求めて自宅を大規模リフォームする。しかし、台所が使えなくなり、日々の飯を拵えることができなくなった。「私」は、美味なるものを求めて「外食ちゃん」となるが……。有名シェフの裏切り、大衆居酒屋に在る差別、とろろ定食というアート、静謐なラーメン。今日も餓鬼道を往く。

{ この記事をシェアする }

しらふで生きる

町田康さんの禁酒エッセイ『しらふで生きる 大酒飲みの決断』試し読み

バックナンバー

町田康

1962年大阪府生まれ。町田町蔵の名で歌手活動を始め、1981年パンクバンド「INU」の『メシ喰うな』でレコードデビュー。俳優としても活躍する。1996年、初の小説「くっすん大黒」を発表、同作は翌1997年Bunkamuraドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞した。以降、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。他の著書に『夫婦茶碗』『猫にかまけて』『浄土』『スピンク日記』『スピンク合財帖』『猫とあほんだら』『餓鬼道巡行』など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP