1. Home
  2. 社会・教養
  3. 勉強って何のため?
  4. 51歳で大学生になる背中を押してくれたの...

勉強って何のため?

2021.04.21 更新 ツイート

51歳で大学生になる背中を押してくれたのは娘の輝き 東貴博

この4月から晴れて駒澤大学の1年生になった東MAXこと東貴博さん。受験科目は、小論文と面接と志望理由書などの提出物。小論文は、文章の組み立て方から現代社会への考察まで、どんなテーマにも自説を展開できるよう対策を立てたそう。ただし、勉強は、ご家族に受験生という緊張感を与えないよう、移動の新幹線や近所の図書館で、ひたすら本を読み、文章を書いたといいます。今回のコラムも、その小論文対策が存分に生かされた文章です。では、東さん、「勉強って何のため?」――?

人のために、自分のために、勉強の成果は社会を巡る

(写真:iStock.com/kudou)

結論から言うと、それは“人の為”。自分ではない誰かの為にするものです。そう、勉強は”人の役に立つ”のです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

勉強って何のため?

勉強意欲もわいてくる新年度。とはいえ、そもそも何で勉強するの? したいからする? し続けなければならない理由が? 学びの意義を考える勉強特集。

バックナンバー

東貴博

1969年12月31日、昭和の名コメディアン、東八郎の次男として東京・浅草に生まれる。本名は、飛田貴博。88年父の急逝を機に萩本欽一に師事。94年にお笑いコンビ「Take2」を結成。「ボキャブラ天国」への出演をきっかけに人気を博す。現在、情報番組の司会やバラエティ、クイズ番組への出演のほか、舞台等でも活躍中。著書に自伝的小説『ニセ坊っちゃん』(幻冬舎)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP