1. Home
  2. お知らせ
  3. 「小説幻冬」編集部より
  4. 小説幻冬9月号発売!インタビュー、書評な...

「小説幻冬」編集部より

2020.08.27 更新 ツイート

小説幻冬9月号発売!インタビュー、書評など盛りだくさんの誉田哲也さん特集幻冬舎編集部

暑い日差しのなか、時折涼しい風の吹く今日この頃、秋が近づいているのでしょうか。

本日8月27日、小説幻冬9月号が発売となりました。

表紙は暗い森の中を歩くオニくん。不思議な光が怪しげです……。

内容を少し、ご紹介します。

 

★『もう、聞こえない』刊行記念、誉田哲也さんを特集

警察小説、青春小説、ホラーなど、多彩な作品で知られる誉田哲也さんが、本誌での連載をもとにした『もう、聞こえない』を上梓されました。

傷害致死容疑で取調中の被疑者が呟いた「声が、聞こえるんです」という言葉から、14年前の未解決殺人事件とのつながりが見えてきて……。伏線もたっぷりで、読み終えた後、また最初から読み返したくなる一冊です。

作品のことや、執筆の裏側もお話しいただいたインタビューに加え、タカザワケンジさんによる書評、友清哲さんによる誉田さんのこれまでの作品全体の解説も掲載しています。ぜひ、お見逃しなく。

 

★上野千鶴子さんと鈴木涼美さんの往復書簡が話題です

社会学者の上野千鶴子さんと鈴木涼美さんの往復書簡「限界から始まる」が話題になっています。今回のテーマは「恋愛とセックス」。高校生の時の経験から「男性に絶望していた」という鈴木さんからの、なぜ男性を諦めずにすんでいるのかという問いに、「『ヘテロセクシュアルな女』のわたしにはゲームの相手である『男』が必要でした」と答えた上野さん。読み応えのあるやり取りに目が離せません。

 

★骨太の小説連載も

澤村伊智さん「怖がらせ屋」はあるライブハウスで行われた怪談会が舞台。四人の男が順に話す怪談はどんなものなのでしょうか。人間の恐ろしさを感じられる一篇です。

原田マハさん「リボルバー」ではゴッホの死の真相を探る物語が続いています。ピストル自殺をしたのは本当なのか、ゴーギャンが関わっていたのではないか……。「冷酷なゴーギャンと純粋なゴッホ」というイメージが覆されていきます。

 

今月もぜひお手に取っていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

★読者プレゼント

小説幻冬9月号を3名の方にプレゼントします。

藤倉大さん「どうしてこうなっちゃったか」で描かれている、スター作曲家ジョージ・ベンジャミンとの入試インタビュー(面接)のエピソードでは、ジョージの人柄が垣間見れて素敵でした。

ご応募お待ちしております。

※9月25日(金)23:59締め切り

※よろしければメッセージ欄で下記のアンケートにお答えください(任意)

1.好きな作家を教えてください

2.これまでに「小説幻冬」を読んだことがありますか?

3.(上の質問で「ある」と答えた方)今までに読んだ「小説幻冬」掲載作品の中で面白いと思った作品(読切含む)を教えてください(複数回答可)

4.1ヶ月に何冊本を読みますか?

5.読みたい小説のジャンルはありますか?

6.「この作家の連載が読みたい!」という人がいたら教えてください

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP