1. Home
  2. 暮らし術
  3. 女は、髪と、生きていく
  4. ロリータ服を着たいアラフォーが発見した、...

女は、髪と、生きていく

2020.03.14 更新 ツイート

ロリータ服を着たいアラフォーが発見した、本当にしたかった髪型とファッションのこと佐藤友美/山本あきこ

こんにちは、ヤギコです。3歳の息子がいるファッションと髪に悩むアラフォーです。

最近は鏡を見るたびに老いを感じ、「私はもう美しくなれないのかな」なんて考えてしまうことも。

そんななか、『これまでの服が似合わなくなったら』の著者であり人気スタイリストの山本あきこさんと、『女は、髪と、生きていく』を書かれたカリスマヘアライターの佐藤友美さん(さとゆみさん)のトークイベントがあると聞きました。

イベントでは、なりたい自分を明確にし、そのうえでお二人から直接アドバイスをもらえるワークショップもあるとか。これは気になる! と、参加させて頂きました。

2020年春夏のトレンドは、「グリーン」「サンドカラー」「リネン」

平日の19時からのイベントは、30代~40代の女性で満員でした。

山本さんとさとゆみさんは、女性誌編集部のアシスタント時代からの仲良し。同じ業界で、ともに厳しくも愛のある先輩たちに育ててもらってきたそうです。

司会をつとめる担当編集の羽賀さんも交えて、トークイベントはまるで女子会のようなノリ。
 

まずは2020年春夏のトレンドのなかで、山本さんがイチオシをご紹介。今季はこの3つに注目です。

1.色はグリーン

昨年くらいからサステナブル(持続可能)や自然環境に優しいものが、アパレル業界全体のテーマ。そのため、目に優しい色が多くでてきています。

ユニクロのミントグリーンのパンツなら、オシャレで通勤時にも使えて取り入れやすいとか。

2.サンドカラー

グリーン以外だと、今年はサンドベージュがトレンド。砂浜のような、ベージュがかった落ち着いた色味です。

3.リネン(麻)素材

人気のリネンは今年もまだまだトレンドの様子。ベージュのリネンのセットアップにベージュのインナーを重ねれば、優しそうな印象に。

ファッションは暦に合わせて季節感を入れていくことが大切。東京なら3月10日頃からは春らしい服にチェンジすることを山本さんは推奨します。

「このとき、色から春を取り入れていくと、季節感をいい具合に先取りできます

反対に注意したいのは、素材から取り入れないこと。素材から始めると季節を先取りし過ぎてしまい、かえって寒々しい印象になってしまいます。

さとゆみさんは春夏におすすめの髪をご紹介。

春夏は、髪色をワントーンツートーン明るくすると良いですよ。ハイライトを入れるのも良いですね。また、前髪をちょっと動かしてみると春夏感がでて、それだけでもオシャレ上級者って感じがします」

「好き」と「似合う」が同時に叶う髪型

続いては、今回のイベントの目玉でもあるワークショップ。
「なりたい自分」を明確にし、そうなるためのファッションと髪型を山本さんとさとゆみさんが直接アドバイスしてくれます。

まずは、参加者全員に2枚の紙が配られました。

ワークA

1)何も制限がなかったら着てみたい服&やってみたい髪型は何ですか?
2)それによって、どんなイメージになれそうですか? いくつでも書きだしてみてください。
(よかったら、読者のみなさんも一緒にやってみてください)

何も制限がない、というのは職場での服装や髪型の規制だけでなく、くせ毛だからロングヘアは厳しそうとか、足が太いからパンツがニガテ……の理由も外して大丈夫です。

このワーク、私ははじめ躊躇してしまいました。

心の中に手を突っ込むような、ざらっとした感じになったんですよね。少し覚悟がいると言いますか。「えいやっ」と気合を入れて書き始めました。

クラシックなロリータ服(小花やフリルがあしらわれた、落ち着いた色味のワンピース)かゴスロリの服(メイド服のような、黒と白を基調としたワンピース)が着たい……。

うわあああああ!! 恥ずかしい! 恥ずかしい! 文字に起こしていることがまた恥ずかしい!! アラフォーなのにごめんなさい!!!
でも着たい服がこれなんだもの。

Twitterで「クラシックなロリータ服の格好してお茶会しましょう」なんて呼びかけを見ながら、でもアラフォーの人が行ったら困るよね……と遠くから見ているだけ、それが私なんです……。

こういった服を着たいという気持ちは、27歳のときに卒業したつもりだったのに。

でも、ここで1つ気づきました。お洋服はロリータ系を着たいのに、不思議なことにそれに合う髪型には魅力を感じないんです。ドールみたいなふわふわの金髪や、黒髪のおかっぱが似合うのでしょうが、その髪型にはなりたいと思わない。
全身トータルで考えたとき、私がなりたい姿はこちらではないのかもしれません。

次に、ワークBへ。

ワークB

1)あなたが「こんな言葉で形容される(褒められる)自分になりたい」と思う言葉を20個書きだしてください。
2)そのうち優先順位の高い言葉を3つ選んでください。
3)そして、なぜその言葉で形容されたいか、その理由を考えてみてください。

※ 2)で矛盾する言葉が出てきたら→
「若くみられたい」けど「仕事では大人っぽく見られたい」など。こういうときは、今の自分が優先したいシチュエーションで選びます。仕事がすごく大事なのか、婚活リーチ中か、とにかく旦那さんが大好きなのか。自分にとって一番大事な時間や人の前でどんな自分でいたいかを優先して選びます。

5分ほどの時間があたえられ、私が書いたのはこちらの17個。
このなかから優先順位が高い3つを選ぶ、という作業が意外と大変でした。

「キレイ」、「若く見える」は即決でしたが、3つ目のワード選択はとても迷いました。
「色気がある」と「賢い」も欲しかったのですが、最終的には「スリム」をチョイス。
なりたい内面ではなく、なりたい容姿にばかりになってしまったなあと思いつつも、これが今の私がなりたい女性像なのだと受け入れることにします。

そして次の設問である「なぜその言葉で形容されたいか」を考えてみました。

みたんですけど……あれ、これ、コンプレックスを書く作業になってしまったのは私だけ?

・キレイになりたいのは、すぐイモっぽくなるから。もともとファッションセンスがなく、スタイルもよくないため、野暮ったい印象になりがち。

・若く見せたいのは、私の勤め先に同期で入った30代の女性が、大学生に間違われるくらい若々しくて、私もそうなりたいから。

・スリムに見せたいのは、丸くなってきた自分が母に似ており、自分の老いを実感してしまうから。

ネガティブがチラ見えする結果になっていました。

しかし逆に考えると、キレイで若見えしてスリムな自分になれたら、自分をもっと好きになれるはずです。

3つのキーワードは美容師さんに伝えてほしい大事な言葉

ワークBでは、色んな言葉がでてきます。

以前、さとゆみさんが約30人のワークショップを行ったときは90個(30人×3ワード)違う言葉がでたそうです。
それほど、なりたいイメージは十人十色。

さとゆみさんははっきりと言います。

ワークBの3つのキーワードを美容師さんに伝えれば、多分今までで一番満足のいく髪型が手に入りますよ。私は今の髪型の前は黒髪ボブだったんですけど、そのときは『優しく見られたい、色気が欲しい、オシャレに見せたい』と伝えました」とのこと。
なりたい自分のイメージを言葉で伝えることで、美容師さんが「気持ち・心に似合う髪型」と、「顔や髪質に似合う髪型」がちょうど重なるところを選んでくれるそうです。

裏を返せば、これを言わないと美容師さんは、私たちがどんな髪型を求めているかがわからない。

一見すると恥ずかしい3つのキーワードも、理由とセットで伝えることで美容師さんにも言いやすくなります。『最近、仕事場でも年上になってきて指示をする立場なので、少し優しく色っぽく見せたい。テレビの仕事も増えてきているので、オシャレな感じが良いです』のように理由とセットで伝えると、いきなり3つのキーワードを言うより言いやすいはず」

大納得です!

私の場合、「キレイで若見えしてスリムにしてください」なんて伝えたら、「エステでも行け!」と思われそうで言えません。
でも、「自分に手がかけられず、すぐに野暮ったくなるからキレイ目系に見せたい。最近周りに若く見える人が多いので、少し若く見せたい。丸みがでて母に似てきたことで老いを感じてしまうのでスリムに見せたい」。これなら、美容師さんに伝えられる気がします。

【髪型編】若く見られたいなら、あほ毛はださない!

その後、3つのキーワード(と理由)を元に、さとゆみさんと山本さんがどんな髪型&ファッションが似合うか具体的なアドバイスをくれる時間に突入! 会場内からは一斉に手が上がりました。私も直接アドバイス頂いたのですが、言われたのはズバリこちら。

若くキレイに見せたいなら、あほ毛をなくすことがすごく重要です」とさとゆみさん。

アホ毛があると一気に老け見えするのだとか。
肩までの長さの私の髪をじっくり眺めると、温めたロールブラシ型のアイロンで、頭頂部表面の髪をひとなで
それだけで髪はとってもツヤツヤになり、ぴんぴんしていたアホ毛が大人しくなりました。若く見えるのか、参加者の皆様も私を見てうなずいています。

また、細く見せたいなら髪型はひしがたに!

できるだけハチをつぶし、その下のミディアムを広げ、トップの高さをだすとひしがたのシルエットができあがります。錯覚で全体的に細く見えますよ。

【ファッション編】キレイと思われたいなら色選びが重要

続いてファッションについて。山本さんは私に尋ねます。

「色物の洋服は持っていますか? キレイに見せたいなら、キレイ色の洋服を着るといいと思います

え、そんな単純なことで!? と、正直面くらったのですが、たしかに思い返すと私が持っている服は茶色、カーキ、黒などのアースカラーばかり。色物の洋服も原色系ばかりでした。

キレイ色は、色も柄もくすんでないものを選ぶことがコツ」だそうです。

また、細く見せたいならコーデの上からジレを羽織ること。ジレは細長いベストのような形で、着るだけでIラインのスタイルを強調してくれるアイテムです。

しかし、この提案にはつい弱気になってしまいました。
「ジレって着たことがないし、どう着たらいいかわからないです」

しかし山本さんは全く気にせず、明るい口調で提案を続けます。

「今の寒い季節ならチノ素材のジレを羽織ったり、これからでてくるトレンチのジレを使うのも良いと思いますよ! 中にニットを着ても良さそう。寒いようだったら上からアウター着ちゃえばOK。逆に春夏ならTシャツの上に着ちゃうとかね。キレイめとスリムを叶えるなら、キレイ色×ジレがいいんじゃないでしょうか」

たしかに、それならできそうです。

これまでジレやきれいな色の服は、若い子のものだと思い手をださずにいました。

だけど今は新鮮な気持ちです。ひし形のボブに、きれい色の服にジレを重ねた自分に会ってみたい……!

全方位的な婚活にはセントフォースヘア

ちなみに、自分以外の人へのアドバイスも、聞いていてとても参考になりました!

「オシャレで美しくて、誠実そう」というキーワードを挙げた婚活中の女性には、ずばり女子アナがたくさん所属する事務所、セントフォースの皆さんがやっている「セントフォースヘア」がおススメとのこと。本来「斜めに流すほどの長さじゃないでしょ」という前髪を、ぎゅいんと毛先だけカーブさせて、斜めに流している感を強めた髪型で、最大公約数の好感度を手に入れられるスペシャル髪型!

ファッションでは、おしゃれで誠実そうに見えるピュアホワイトのカットレースが良い! と山本さん。この日、山本さんが着ていたスカートもこのタイプでした。

印象的だったのは、はじめは、さとゆみさんや山本さんの提案に一旦消極的になる方が多いこと。私がジレに抵抗を示したように。

けれども、背中を押してもらったり、できない理由を解消してもらったりすると、皆生き生きとした表情でステージを降りていくんです。

洋服は感情を連れていってくれるもの。髪は運命を変えるもの

カウンセリングを終えた二人は、最後にこんな言葉をくれました。

まずは山本さん。

「似合う、似合わないは気になると思うけど、ぜひ『好き』や『着てみたい』で選んだものを身にまとってください。そうすれば元気になれると思うし、お洋服はそういう気持ちへと感情を連れていってくれるもの。なので、どんどん着てほしいと思います」

続いて佐藤さん。

「自分が好きな髪型にしてもいいんだけど、なりたい自分があれば、先に髪をなりたい自分に寄せていってほしい。髪はその人の第一印象を決めます。例えば元気そうな髪型にしたら、“元気そう”が好きな人が寄ってくるんですよ。これはとても大事なこと。そうやって人生はどんどん変わっていくので、そういう風に髪を使ってほしいです」

着てみたいものを上手に着こなす、ファッションの帳尻合わせの方法は、山本さんの著書『これまでの服が似合わなくなったら』でたくさん紹介されていますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

また、さとゆみさんは、『女は、髪と、生きていく』の本を購入された方からの質問を、Facebookの「女は、髪と、生きていく」のグループでお答えしています。(2020年5月末まで)

髪型に悩む方は、ぜひ本を読んでご相談してみてくださいね。女性の救世主のような本ですよ。

(文・写真:ヤギコ)

関連キーワード

関連書籍

佐藤友美『女は、髪と、生きていく』

ファッションより、メイクより、人生を変えるのは「髪」だった! 8万部突破『女の運命は髪で変わる』著者最新作。「ずっと生き方に迷っていたけれど、読み終わってスイッチが入りました」(カウンセラー・35歳)、「泣きました。ここまで泣けるのに、笑顔になれる本」(主婦・43歳)、「髪型がしっくり来ない理由が分かった。"心に似合う髪型"をP130を参考に探したいと思います」(編集者・38歳)、「同業者にもお客さんにも、第4章を一番読んでもらいたい!」(美容師・41歳)など、発売前から大反響!「髪で人生を変える」本です。

山本あきこ『これまでの服が似合わなくなったら。 「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!』

「いつもの服がなんだかしっくりこない…」と思ったら、 "自分本位なおしゃれ"へ進むチャンスです! 1万人以上を変身させてきたスタイリストによる大人女性の魅力を底上げするファッション術。 ・肝になるのは「ほどよい色気」 ・最初に見直すべきは髪の毛 ・細い部分は「探して、出す」 ・似合わない色にとらわれない ・見た目と内面が一致すれば幸せになれる など。

{ この記事をシェアする }

女は、髪と、生きていく

NO.1ヘアライター・佐藤友美さんの最新刊『女は、髪と、生きていく』試し読み。

バックナンバー

佐藤友美 ヘアライター・エディター

日本初のヘアライター&エディター。
1976年、北海道知床半島生まれ。20年弱のヘアライター人生で、約4万人、200万カットのヘアスタイル撮影に立ち合う。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在で、日本はもとより、海外でも美容師向けの講演を行い、セミナーを受けた美容師はのべ3万人を超える。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍する一方、ヘアアドバイザーとして全国の女性の髪の悩みにこたえ、高い満足度を得ている。著書に、ベストセラーとなった『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『道を継ぐ』(アタシ社)などがある。

山本あきこ スタイリスト

1978年生まれ。女性誌や広告など多くの媒体でスタイリストとして活躍した実績と経験を持つ。その経験を活かし、モデルだけではない様々な人たちに似合い、取り入れやすい独自のコーディネート理論を確立。
「センスは持って生まれたものではなく鍛えられる」という信念のもと、一般の女性向けにスタイリングアドバイスを行う活動を開始。予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れないスタイリスト」に。
「どんな人でもいつからでもおしゃれになれる」をモットーにこれまで1万人以上の女性たちを変身させてきた。作ったコーディネート数は20万を超える。
著書に『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』『毎朝、服に迷わない』『暖かいのにおしゃれになれる』(いずれもダイヤモンド社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP