1. Home
  2. 暮らし術
  3. 女は、髪と、生きていく
  4. 合コンで男性陣が覚えていること第1位は髪...

女は、髪と、生きていく

2019.12.12 更新 ツイート

合コンで男性陣が覚えていること第1位は髪型だった!佐藤友美

11月末に発売になったばかりの新刊『女は、髪と、生きていく』。本書はヘアライターとして20年近く活躍してきたNo.1ヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんの最新刊になります。髪の本であるにも関わらず、「泣きました」「人生のスイッチが入りました」「美容師として全同業者とお客さんに読んで欲しい!」と発売直後から反響続々の本書。今回は「第一印象は髪で決まると言い切れる理由」について語ってもらいます。

 

ヒロインは髪でキャラが決まる!

第一印象に髪が与える影響はとても大きいといわれています。そして、世の中には、この髪が与える影響力をうまく使っている人たちがいます。

多くの漫画家さんは、キャラクターを決めるときに、まず髪型と髪色を決めるそうです。髪型と髪色が決まれば、どんな言葉遣いをしていそうか、どんな家に住んでいそうか、どんな服装をしていそうか……などが決まりやすくなるのだとか。それくらい、髪の印象が、全体の印象を決めるのです。

たとえば、漫画に出てくるセクシー担当の女性は、たいていボン・キュッ・ボンの髪型をしています。ボン・キュッ・ボンとは、トップにボリューム、首元で一度くびれ、毛先はまた広がる、『ルパン三世』の峰不二子のような髪型。髪色はブラウンかゴールド。漫画で色っぽい女性といえば、だいたいこれが定番です。

映画の中で、主人公が髪型を変えるシーンがあったら、それは、「これからこの人は、別人級に生まれ変わりますよ!」を予告しています。

たとえば『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンがばっさり髪を切ってショートヘアにするシーンがあります。これは、王女である型にはめられた自分を脱ぎ捨て、一人の恋する女性に生まれ変わることを象徴するシーンです。これもやはり、髪を変えることで、登場人物のキャラが変わったことを印象づけているのです。

アイドルも政治家も、髪で第一印象をコントロールしている

女性アイドルグループの髪型を思い出してみてください。長さは違えど、さらさらの黒髪ストレートが定番です。前髪はぱつんと切りそろえられていることが多いと思います。ベリーショートのアイドルや、金髪くるくるパーマのアイドルはほとんどいません。

これもやはり、髪が第一印象を決めるルールをうまく使っている例です。

「黒髪×ストレートヘア×ぱっつん前髪」が持つ、清楚感、幼さなどをうまく使うことで、「私たちは若くて幼い(まだ男性を知らない)少女です。あなたのための、アイドルですっ♡」を印象づけているのです。

政治家も、髪の第一印象をうまく使っています。女性の議員さんは、区議(市議)⇒都道府県議⇒国会議員⇒大臣となるにつれ、どんどん髪が短くなっていく傾向があります。これもやはり、自分の印象を髪で誘導しています。

たとえば、日本の歴代女性大臣は、9割以上ショートヘアです。「リーダーシップのある、パワフルな女性」という第一印象を髪で表現しているといえます。

一方、区議会議員や市議会議員は、あまり短すぎない、丸みのあるボブやロングヘアの女性がほとんどです。これは、第一印象で、有権者との距離の近さ、すなわち親近感を感じさせるほうが、票につながることがわかっているからでしょう。

髪には「キャラ設定」がある

このように、髪には「性格」があります。そして私たちは、無意識のレベルで「髪が持つ性格」の影響を受けています。髪が持つ「性格」とは、「キャラ設定」と言いかえてもいいでしょう。

ということは、「髪が持つ性格」をうまく使いこなすことができれば、第一印象を自分で決めることができるということです。

今は、一部の人しかうまく使えていない「髪が持つ性格」の効果的な使い方を、私は多くの人に知ってほしいと思います。

一番見られているのは真正面の顔じゃない

第一印象だけではありません。第二印象も、最終印象も、実は髪で決まっています。

多くの女性が見落としている事実。
それは、普段の生活の中では、正面から顔をまじまじ見られるよりも、横顔や後ろ姿や、斜め45度から顔を見られていることが多いという事実です。

もし、あなたが会社にデスクがある人なら、おそらく人から話しかけられるのは、横か、後ろからでしょう。

その場合、相手に見られているのは、横顔(髪が80パーセント)か、後ろ姿(髪が100パーセント)です。つまり、相手の人は、ほとんど髪しか見ずに、あなたのことをあなただと認識しているわけです。

仕事だけではありません。家の中でも、学校の中でも、あなたに声をかけている人は、実は横や後ろから、髪型であなたを認識しています。というわけで、第二印象も、髪で決まっています。

SNSアイコンと実際の髪型は揃えたほうがいい

さて、何度も会った人なのに、髪型が変わったら、「あれ? 誰かと思った!」ということはよくありますよね。これは、私たちが、別れたあとも髪型で人を記憶している証拠です。

最近はSNSのアイコンを自分の顔にする人も増えています。そのアイコンではロングヘアなのに、実際に会ったらショートヘアだったとします。そういうとき、最初は目の前の人に対して、ちょっと違和感があるのではないでしょうか。

さらに、ショートヘアのその人に見慣れたあと、家に帰ってからSNSで「今日は楽しかったねー」などとやりとりしたときのアイコンがロングヘアだったら、やっぱり最初は違和感があるはずです。

これもやはり、私たちが、人を髪型で記憶しているからです。

とくに、男性の場合、女性の印象を髪型と結びつけている人が多いようです。

週に3回合コンをやっている男性が教えてくれたのですが、合コンのあとの男子反省会では、女性の名前でもなく、服装でもなく、髪型で会話されているそうです。

「俺の前にいたショートヘアの子、話が面白かった!」とか、「お前の横に、髪を結んでいた子、いたでしょ。あの子、好み」とか……。女性同士だと、相手の女性の服装やバッグ、メイク、ネイルなどを覚えている人もいますが、男性の場合、そのあたりは、からきし脳のセンサーが作動しないようです。
別れたあとに覚えているのは髪(男性相手ならなおさら!)というわけです。

髪型がどれくらい印象を左右するか、ご理解いただけたらと思います。
その上で「どんな髪型が自分に似合うのか」については、ぜひ『女は、髪と、生きていく』をご覧ください!

関連キーワード

関連書籍

佐藤友美『女は、髪と、生きていく』

ファッションより、メイクより、人生を変えるのは「髪」だった! 8万部突破『女の運命は髪で変わる』著者最新作。「ずっと生き方に迷っていたけれど、読み終わってスイッチが入りました」(カウンセラー・35歳)、「泣きました。ここまで泣けるのに、笑顔になれる本」(主婦・43歳)、「髪型がしっくり来ない理由が分かった。"心に似合う髪型"をP130を参考に探したいと思います」(編集者・38歳)、「同業者にもお客さんにも、第4章を一番読んでもらいたい!」(美容師・41歳)など、発売前から大反響!「髪で人生を変える」本です。

{ この記事をシェアする }

女は、髪と、生きていく

NO.1ヘアライター・佐藤友美さんの最新刊『女は、髪と、生きていく』試し読み。

バックナンバー

佐藤友美 ヘアライター・エディター

日本初のヘアライター&エディター。
1976年、北海道知床半島生まれ。20年弱のヘアライター人生で、約4万人、200万カットのヘアスタイル撮影に立ち合う。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在で、日本はもとより、海外でも美容師向けの講演を行い、セミナーを受けた美容師はのべ3万人を超える。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍する一方、ヘアアドバイザーとして全国の女性の髪の悩みにこたえ、高い満足度を得ている。著書に、ベストセラーとなった『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『道を継ぐ』(アタシ社)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP