1. Home
  2. 生き方
  3. 悶々しても猫がいる。
  4. 親を喜ばせてあげたいなんて傲慢だった

悶々しても猫がいる。

2020.02.03 更新 ツイート

新連載

親を喜ばせてあげたいなんて傲慢だった ペヤンヌマキ

嫌なことがあっても隣には猫がいる。それだけで幸せ。劇作家・脚本家のペヤンヌマキさん新連載。

新年から悶々

東京でひとり過ごす正月。自分が食べたいものを好きなだけ買って重箱に詰めた自分仕様のお節をつまみながら、ホットカーペットの上でゴロゴロと好きな本を読んだり好きなドラマを観たり、一日中好きなことしかしない。そして隣にはこの世の中で一番好きな……猫がいる。

ああ、幸せだなあ、今。

43歳の元旦、私は心からそう思いました。

ひとりは寂しい、ひとりは可哀想、ひとりは不幸……そんな言葉に囚われたり傷ついたりしていた以前の自分が嘘のよう。誰の機嫌にも左右されず、自分の機嫌は自分で取る。そのような生活のなんと素敵なことでしょう。

いったい私にどんな変化があったのか? 一番考えられる要因は、「子供を産む人生の選択肢」が自分にはなくなったと決めたことだと思います。子供を産むのは来世に持ち越しました。来世があるのかどうかはわからんけど、と思うようにしたら肩の荷がすっと下りて楽になったのです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

ペヤンヌマキ『40歳から何始める?』

筋トレ始めました。4時起き始めました。勉強始めました。デート始めました。内職始めました。そして、素っ裸で踊りましたーー。20代でAV監督になり、30代で演劇ユニット「ブス会*」を立ち上げ、興味の赴くままに生きてきたペヤンヌマキさん。40歳になり、さらに新しいことにチャレンジしたくなりました。はりきって、挫折して、また奮起して。新しいことは、生活のなかにたくさん埋もれています。一緒に真似してみたくなる、ワクワクドキドキの挑戦ライフ!

ペヤンヌマキ『女の数だけ武器がある。 たたかえ!ブス魂』

ブス、地味、存在感がない、女が怖いetc.……。 コンプレックスだらけの自分を救ってくれたのは、アダルトビデオの世界だった。 働き始めたエロの現場には、地味な女が好きな男もいれば、貧乳に興奮する男もいて、好みはみなバラバラ。弱点は武器にもなるのだ。生きづらい女の道をポジティブに乗り切れ! 全女性必読のコンプレックス克服記。

{ この記事をシェアする }

悶々しても猫がいる。

生きていると悶々とすることがたくさんある。だけど隣には猫がいる。猫が可愛いってだけでこんなにも幸せ。

バックナンバー

ペヤンヌマキ

1976年生まれ、長崎県出身。早稲田大学在学中に、劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。卒業後はAV制作会社に勤務。現在はフリーの映像ディレクターとしてAVやテレビドラマなどを手がけるほか、演劇ユニット「ブス会*」主宰の劇作家・演出家として幅広く活躍中。著書に『女の数だけ武器がある。』がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP