1. Home
  2. 生き方
  3. 悶々しても猫がいる。
  4. 猫たちとリモート飲み会、薫製づくり、ぬか...

悶々しても猫がいる。

2020.05.01 更新 ツイート

猫たちとリモート飲み会、薫製づくり、ぬか床購入…楽しみを見つけ、免疫力を高めたい ペヤンヌマキ

悶々が日常になってしまった

日記を読み返していたら、今年の1月にはこう書いてありました。

「銀行のATMに並んでいた時、気管支喘息の発作で咳が出た。マスクを付けてくるのを忘れていたので慌てて腕で覆ったけど、前に並んでいたお爺さんがすごい目で睨んで来た。お爺さんが去るまで咳を我慢して、去ったタイミングでまた咳をしたら、わざわざ振り返ってまで睨んで来た。お爺さんの尋常でない睨み方に、全く知らない人から敵意をむき出しにされることにショックを受けた。私は悪くないのに、ただ喘息持ちってだけなのに、犯罪者かのように見られることに理不尽さを感じた。外出時には必ずマスクを付けることを決意。」

1月の私は、咳をして人から睨まれるのが怖いからという理由でマスクを付けることにしたらしいのだけど、今思えば、あの時ものすごい形相で睨んできたお爺さんは、正しかった。4月26日現在から考えると、マスクもせず銀行ATMに並んで咳をしてる人がいようものなら、私だってものすごい形相で睨むでしょう。

ほんの数ヶ月前の自分の呑気さが、信じられません。1日単位で状況が変化する今、昨日の自分の感覚でさえも、今日はもう違うものになっていたりします。

そこでこの数ヶ月のことを、日記とともに振り返ってみたいと思います。
もしも私がコロナウィルスに感染したら(もう既に感染しているかもしれないけれど)、行動履歴の記録にもなる。
数年後、日記を読み返して、こんな時もあったねと思える日が来ることを祈りつつ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

ペヤンヌマキ『40歳から何始める?』

筋トレ始めました。4時起き始めました。勉強始めました。デート始めました。内職始めました。そして、素っ裸で踊りましたーー。20代でAV監督になり、30代で演劇ユニット「ブス会*」を立ち上げ、興味の赴くままに生きてきたペヤンヌマキさん。40歳になり、さらに新しいことにチャレンジしたくなりました。はりきって、挫折して、また奮起して。新しいことは、生活のなかにたくさん埋もれています。一緒に真似してみたくなる、ワクワクドキドキの挑戦ライフ!

ペヤンヌマキ『女の数だけ武器がある。 たたかえ!ブス魂』

ブス、地味、存在感がない、女が怖いetc.……。 コンプレックスだらけの自分を救ってくれたのは、アダルトビデオの世界だった。 働き始めたエロの現場には、地味な女が好きな男もいれば、貧乳に興奮する男もいて、好みはみなバラバラ。弱点は武器にもなるのだ。生きづらい女の道をポジティブに乗り切れ! 全女性必読のコンプレックス克服記。

{ この記事をシェアする }

悶々しても猫がいる。

生きていると悶々とすることがたくさんある。だけど隣には猫がいる。猫が可愛いってだけでこんなにも幸せ。

バックナンバー

ペヤンヌマキ

1976年生まれ、長崎県出身。早稲田大学在学中に、劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。卒業後はAV制作会社に勤務。現在はフリーの映像ディレクターとしてAVやテレビドラマなどを手がけるほか、演劇ユニット「ブス会*」主宰の劇作家・演出家として幅広く活躍中。著書に『女の数だけ武器がある。』がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP