1. Home
  2. 社会・教養
  3. 落語DE古事記
  4. 初詣でご利益倍増!?商売繁盛のエビスさん...

落語DE古事記

2019.12.31 更新 ツイート

初詣でご利益倍増!?商売繁盛のエビスさんの総本山は島根県の美保神社桂竹千代

本日は大晦日。明日は元日です。初詣に行かなくちゃ!ですね。
初詣で大事なのは「どの神様にご挨拶にいくか、ちゃんと考えること」です。
毎年なんとなく参拝しているみなさんが多いかもしれませんので、落語家桂竹千代さん著の新刊『落語DE古事記』をもとに、神様のことを学んでおきましょう。

今回は、商売繁盛の神様。商売繁盛の神様といえば、エビスさん。というのは有名ですが、そのおおもとのすごい神様も知って、ご利益倍増を狙っちゃいましょう!

*   *   *

「第十八話 エビスさん」より

商売繁盛の神様エビスさんのおおもとの神様を参拝して、ご利益倍増!?

地上世界を治めるために、何柱もの神々を遣わすけど、みーんな誘惑に負けて帰ってこない始末で困っています。

オモイカネ「アマテラスさん、次こそはぜっったいに大丈夫ですんで! お任せください!」

アマテラス「聞き飽きたっつーの! 次ダメならアンタ、知恵の神の称号、剥奪よ! 知恵の輪にしてやる!」

オモイカネ「なつかし……いやいや、次は絶対いけます! タケミカヅチを行かせます。こいつはめっちゃ強いし、マジメですから!」

アマテラス「だったらはじめからそいつ行かせなさいよ(ごもっとも!)。行けー!!」

タケミカヅチ「アイアイサー!!」

このタケミカヅチは、茨城県の鹿島神宮(かしまじんぐう)にまつられている武の神様です(同じ名前の競走馬もいましたね)。イザナギが火の神カグツチを斬った時に誕生しました(第二話参照)。剣に付いた血から生まれたから、武神というわけですね。

タケミカヅチが大ナマズを従えている絵がたくさん残っています。

日本では古来、地震は大ナマズが起こすものだという信仰があります。鹿島神宮と千葉県の香取(かとり)神宮には、要石(かなめいし)というのがあるのですが、これは、タケミカヅチが埋めた石だと言われています。2つの要石が地中で繋がっていて、大ナマズの頭を押さえているから、この地方では昔から地震が少ないと言い伝えられているのです

(水戸黄門が7日間ずっと掘り続けたけど底が見えなかった!)。

でも2011年3月11日に起きた東日本大震災により、鹿島神宮の鳥居が崩壊してしまいました。

タケミカヅチの御神徳が薄れてきているんでしょうか。

『古事記』をよく知って、地震の神様タケミカヅチに心を込めて参拝すれば、災害も減ってくれるのかもしれませんね。

またタケミカヅチは、アマテラスの岩戸隠れの時に活躍したコヤネ(第七話参照)とともに、後の時代に権力者となる藤原氏の氏神である奈良県の春日大社にもまつられています。鹿島にいたタケミカヅチが、神の使いである鹿に乗って奈良までやってきたと言われています。だから奈良では、今でも鹿を大切にしているんです。

奈良公園には、たくさんの鹿が放し飼いになってます。放し飼いの鹿……略して「ハナシカ」。ボク達も奈良に行くと大事にされるんです(古典落語「鹿政談」より)。

ちょっと脱線します。その奈良公園にわんさかいる鹿ですが……みんな「鹿せんべい」が大好きで、観光客が鹿せんべいを買って手にした途端に、群がってきますよね。

でもあれ、おかしいと思いませんか? 鹿せんべい屋は露店なんです。鹿せんべいが店頭に剥む き出しの状態で置いてあるんです。それに手を出さずに客の手に渡った瞬間に群がるんです。

つまり、鹿は「食べていい鹿せんべい」と「食べちゃダメな鹿せんべい」をわかってるってことですよね?

気になったので、インターネットで調べてみたんです。「鹿せんべい.COM」で(そんなのないって)。

そうしたら昔はよくあったそうです。鹿による、鹿せんべい屋襲撃事件。そんな中、鹿せんべい屋のおばちゃんがお客の見えないとこで鹿を教育して「おばちゃん怖い」のイメージを植え付けたとか書いてありましたが、一つ興味深い説がありました。

鹿せんべい屋の売り上げというのは鹿の保護に充あてられているそうです。芝を植えたり、傷ついた鹿の治療費だったり……だから鹿は、欲望に負けて鹿せんべい屋の鹿せんべいを食べてしまうことが、後に自分たちの首を絞めるということをわかっているんですって。

すごくないですかこの説。

これが本当だとすると、鹿は頭いいんですね。バカじゃないんですね。バカって「馬鹿」って書きますけどね。

さすが、神の使いと言われるだけのことはあります。

さて、本編に戻ります。

タケミカヅチは、地上世界の親方ことオオクニヌシのいる出雲国(いずものくに。島根県)の稲佐(いなさ)の浜(出雲大社のすぐそばにあるよ)までやってくる。

でっけー剣を抜き、逆さまに波の上に立て、剣先にあぐらをかいて座ります(えっ? ケツ大丈夫? 血出ない? 痔持ちには辛いよ)。

そしてオオクニヌシをカツアゲします。

この舞台となる稲佐の浜は、いなさ(否、然)。

つまり国を明け渡すのか? イエスかノーかという意味です。

タケミカヅチ「うらーー!! ここの大将、オオクニヌシってのはてめーだな!? この国よこせ!」

オオクニヌシ「うわー!! 何そのポーズ! ……お尻大丈夫ですか?」

タケミカヅチ「るせー! ケツ鍛えてあんだよ! いいからこの国よこせっての!」

オオクニヌシ「あなたがひょっとして黄門様ですか?」

タケミカヅチ「そうそうケツだけにコウモン(黄門・肛門)様って、やかましわ! 控えおろう!」

オオクニヌシ「何でこの国が欲しいんですか?」

タケミカヅチ「知らねーよ! アマテラスさんに言われて来たんだよ! あの人怒ると怖えーから、大人しく言うこと聞けや!」

オオクニヌシ「そんなこと言われましても……息子に聞いてみてもらってもいいですか? コトシロヌシってのが今、岬で釣りしてると思うんで」

タケミカヅチ「よーし! 呼べそいつ!」

コトシロヌシは、国作りの時に生まれた神様(第十四話参照)です。

コトシロヌシは美保ヶ崎(現・島根県美保関町にある地蔵崎)というところで釣りをしていました。現在、このあたりにはコトシロヌシがまつられている美保神社があります。

ちなみに、コトシロヌシは、後に大陸から七福神信仰が伝わってきた時に、エビス様と習合(合体)します。なので、エビス様=コトシロヌシとなります。

そしてオオクニヌシは、「大国主」の「大国」を音読みするとダイコクとなるので大黒様=オオクニヌシとなります。

コトシロヌシはエビス様なので、ご利益は商売繁盛。

また、コトシロヌシは「言代主」とも書きますので、文字どおり「言葉を代弁する」神様です。託宣(たくせん。神のお告げ的な)の神様なので、言葉を扱う商売の人にもご利益があるようです(まさに落語家だね!)。

言葉を扱う神様なので、オオクニヌシはコトシロヌシに答えを委ねたんですね。

そうそう、コトシロヌシは英語も得意なんです。

エービースー(ABC)ってね!

……。

 

~ここから先は本書でお楽しみください!桂竹千代著『落語DE古事記』

イラスト:半崎リノ

*   *   *

コトシロヌシという神様の名前は、知らない人も多いかもしれませんが、エビス様といえば、だれでも知ってますよね!
恵比寿様の総本山が、島根県の美保神社だったのですね。
コトシロヌシさまが祀られている美保神社に行って、新年の商売繁盛を祈念をしたいものです。

さて、次回紹介するのは、勝負事にご利益のある神様です!

関連キーワード

関連書籍

桂竹千代『落語DE古事記』

キャラ立ちすぎ! 情熱的すぎ! 自由すぎ! 神様の世界は、奔放で愉快でミステリアス。 〇国の歴史書なのに、“1人の部下の記憶力"に頼って書かれていた! 〇スサノオは「女の獲り合い」で、大蛇と大ゲンカ。 〇神様同士の「殺神事件」が、たびたび勃発。 〇娘の恋人を“斬新なイタズラ"でイジメ抜いた有名な神様とは? 〇「何代も前のご先祖様と出会って、恋に落ちて、結婚」もアリ! 〇まるで、古典落語「粗忽長屋」。葬式で生き返る!? 〇「相撲」は、もともと神様同士のケンカが始まりだった。 〇「乙姫様」の正体は、サメ。 騙し合いに殺し合い。禁断の恋とエロス。ホラーにミステリーにSF。――古事記はエンタメの詰め合わせだ!

{ この記事をシェアする }

落語DE古事記

神社に行けば、私たちは神様にありとあらゆることをお願いしますよね。商売繁盛に合格祈願に延命長寿に縁結びに厄除けに……。
でもちょっと待って。こんなに頼りにしてる「神様」のこと、ちゃんと知ってますか?
神様について書いてあるのが「古事記」です。歴史の教科書でも最初の方に出てくるので、「古事記」について聞いたことのない人はいないと思いますが、でも何が書かれているかまで説明できる人って、少ないんじゃないでしょうか。
そこで、大学院まで古代史を専攻していた落語家の桂竹千代さんに、「古事記」を楽しく解説していただくことにしました。
爆笑注意ですから、静かな場所では読まないようにしてくださいね! 

バックナンバー

桂竹千代 落語家

 

落語家。千葉県旭市出身。1987年3月17日生まれ。2005年千葉県立匝瑳高校卒業。2009年明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。2011年明治大学大学院文学研究科古代日本文学専攻修士課程修了。元ニュースタッフエージェンシー所属漫才師、ゴーギャン職人。2011年7月、桂竹丸に入門、前座「竹のこ」。2015年9月、二ツ目昇進、「竹千代」。2019年3月、第18回さがみはら若手落語家選手権優勝。
新宿末広亭や浅草演芸ホールなどの寄席を中心に、全国各地で落語会に出演。その他、イベント・結婚式司会、温泉ツアーガイド、古代史講座、大学講師、社会教育講演など幅広く活躍。旭市観光大使も務める。
エンタの神様(日本テレビ)、爆笑オンエアバトル(NHK)、メレンゲの気持ち(日本テレビ)、グリコポッキーCM、どうする東京(MXTV)、50ボイス(NHK)、BS笑点特大号(BS日本テレビ)、ミッドナイト寄席ゴールデン(BS12)、夕やけミッドナイト寄席(BS12)SHARP・アクオス落語(全国の家電量販店にて放映)、日曜バラエティー・レギュラー出演(NHKラジオ第一)2018年4月~2019年3月、桂竹千代のJAGARAKU(FM帯広)2018年4月~2019年3月、OH! HAPPY MORNING「Today’s Focus」(JFN)※古代史専門家としてニュースコメント、春風亭昇太のピローな噺(dtvチャンネル)、竹千代の風土記(CS寄席チャンネル)などに出演。

 

 

 

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP