1. Home
  2. 暮らし術
  3. 大人バレエの世界
  4. 大人バレリーナ、初めて発表会に出る〔後編...

大人バレエの世界

2019.11.06 更新 ツイート

#19

大人バレリーナ、初めて発表会に出る〔後編〕丸山裕子

自分の踊る姿は自分には見えない。これは大人バレリーナにとって、ある意味救いではないでしょうか。踊る自分の姿がリアルタイムで完全に客観的に見えたなら、発表会出演へのハードルは一気に上がることでしょう。

さて、発表会本番までにはリハーサルの他に照明合わせやゲネプロといった重要なイベントがあります。

ホールのリハーサル室で行われる照明合わせは、本番での照明や音のタイミング、舞台装置についての確認をする機会です。

リハーサル室の前方には照明さん、音響さん、舞台監督さんといった方々と先生方が机を並べ、私たちはその前で拙い踊りを披露しなければなりません。できれば逃げ出したいイベントですが、ここでのメインは私たち出演者ではなく、前に並んだ照明さんたちです。先生は彼らに対してきびきびと指示を出していきます。その姿はひときわ格好よく、惚れ直す人が続出します。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

大人バレエの世界

いくつになっても憧れる華やかなバレエの世界。アラフォーからバレエを始めた著者による、楽しく、たくましく、哀しくもおかしい“大人バレリーナ”の日常。

バックナンバー

丸山裕子 イラストレーター

京都市出身。踊るイラストレーター。健康のために始めたバレエにはまり、寝る間を惜しんでレッスンに通う。『バレエ語辞典』の全イラストを担当。書籍や雑誌、広告にイラストを描いている。女性、育児、健康、犬と花に関するものが多い。イラストエッセイは『しあわせな犬生活を』(ドッグワールド)、『極楽いぬ生活』(ペピイ)。布花作家でもあり、『まんまるさん®︎』という古布を使ったオリジナルのアクセサリーを作っている。
Instagram  @yuko.illustrations

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP