1. Home
  2. 生き方
  3. デビューの頃
  4. ただ、書きたかった

デビューの頃

2019.09.04 更新 ツイート

ただ、書きたかった太田忠司

どんな作家にもデビュー作がある。
それが華々しいときもあれば、静かな船出であることもある。
いずれにせよ、みな、書き出し、書き終え、世に問いたい、と願ったのだ――。

<今回の執筆者>
太田忠司(おおた・ただし)
1959年、名古屋市生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒業。81年「星新一ショート・ショートコンテスト」で「帰郷」が優秀作に選ばれる。著書多数。2019年8月、100冊目の小説作品『やっぱりミステリなふたり』(幻冬舎文庫)を刊行したばかり。

「読む」ことと「書く」ことは表裏一体

小説家になりたかったわけではない。これは本当のことだ。僕はただ、小説を書きたかった。それだけだった。

中学の終わり頃まで、小説というものをまったく読まない人間だった。自分から積極的に読んだのは親戚の家でもらってきた江戸川乱歩の少年探偵団シリーズのみ。そこから先にはまったく進もうとはしなかった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

デビューの頃

バックナンバー

太田忠司

1959年、名古屋市生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒業。81年「星新一ショート・ショートコンテスト」で「帰郷」が優秀作に選ばれる。著書多数。2019年8月、100冊目の小説作品『やっぱりミステリなふたり』(幻冬舎文庫)を刊行したばかり。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP