1. Home
  2. 生き方
  3. デビューの頃
  4. 処女作に向かって

デビューの頃

2018.10.30 更新 ツイート

リレーエッセイ第1回

処女作に向かって久坂部羊

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

デビューの頃

バックナンバー

久坂部羊

1955年、大阪府堺市生まれ。作家・医師。大阪大学医学部卒業。2003年、小説『廃用身』(幻冬舎)でデビュー。2004年『破裂』がベストセラーとなる(NHKで2015年、連続ドラマ化)。続く『無痛』もベストセラーに(フジテレビで2015年連続ドラマ化)。14年『悪医』で第3回日本医療小説大賞受賞。他の著書に『第五番』『芥川症』『老乱』『テロリストの処方』『院長選挙』『祝葬』などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP