1. Home
  2. 生き方
  3. デビューの頃
  4. 最初の一冊で何を浮かれていたのか

デビューの頃

2019.07.04 更新 ツイート

最初の一冊で何を浮かれていたのか小松亜由美

どんな作家にもデビュー作がある。
それが華々しいときもあれば、静かな船出であることもある。
いずれにせよ、みな、書き出し、書き終え、世に問いたい、と願ったのだ――。

<今回の執筆者>
小松亜由美(こまつあゆみ)
秋田県大仙市生まれ。東北大学医療技術短期大学部衛生技術学科を卒業し、臨床検査技師免許を取得。現在、某大学医学部法医学教室にて解剖技官を務め、これまで多くの異状死体の解剖に携わる。横溝正史『獄門島』を皮切りに本格ミステリに傾倒。2019年5月、『誰そ彼の殺人』で単行本デビュー。ただいま2作目を執筆中。

解剖する遺体の数と創作欲の相関関係

私は某大学医学部の法医学教室にて解剖技官の職に就いている。ミステリ好きが高じ中学生の頃から法医学に興味を持ち、同時にミステリ作家を志した。

「法医学教室に勤務しながらミステリ小説を書けたら」

と、今までどんなに願ったことだろう。 

この度、宿願叶い自身初となる単行本『誰そ彼の殺人』(幻冬舎)を五月に上梓し、まさしく今が「デビューの頃」だ。

発売日に自著が書店に並ぶのを初めて見た時は、半分泣きながら自宅に戻った。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

デビューの頃

バックナンバー

小松亜由美

秋田県大仙市生まれ。東北大学医療技術短期大学部衛生技術学科を卒業し、臨床検査技師免許を取得。現在、某大学医学部法医学教室にて解剖技官を務め、これまで多くの異状死体の解剖に携わる。横溝正史『獄門島』を皮切りに本格ミステリに傾倒。2019年5月、『誰そ彼の殺人』で単行本デビュー。ただいま2作目を執筆中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP