1. Home
  2. 生き方
  3. デビューの頃
  4. 私が作家になった瞬間

デビューの頃

2019.06.04 更新 ツイート

私が作家になった瞬間橘玲

どんな作家にもデビュー作がある。
それが華々しいときもあれば、静かな船出であることもある。
いずれにせよ、みな、書き出し、書き終え、世に問いたい、と願ったのだ――。

<今回の執筆者>
橘玲(たちばな・あきら)
1959年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2002年、小説『マネーロンダリング』でデビュー。06年、小説『永遠の旅行者』が第十九回山本周五郎賞の候補作となる。他の著者に『タックスへイヴン』『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』『新版お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』『言ってはいけない』等がある。

誰も知りえない情報を伝えるために

自分が「作家」になった瞬間ははっきりと覚えている。それは2000年の春、香港から成田へと向かうフライト中の出来事だった。

私はそのとき中堅出版社の編集者で、「フリー、フェア、グローバル」を掲げた橋本龍太郎政権の大規模な金融制度改革「金融ビッグバン」に触発され、海外の金融機関に個人で口座を開設し、日本国内では販売されていない株式や債券、ファンド、デリバティブなどの金融商品に投資するノウハウ本をつくっていた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

デビューの頃

バックナンバー

橘玲 作家

1959年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2002年、小説『マネーロンダリング』でデビュー。06年、小説『永遠の旅行者』が第十九回山本周五郎賞の候補作となる。他の著者に『タックスへイヴン』『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』『新版お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』『言ってはいけない』等がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP