1. Home
  2. 生き方
  3. 僧侶、家出する。
  4. 僧にできることはまだあるかい

僧侶、家出する。

2019.08.03 更新 ツイート

第7回

僧にできることはまだあるかい稲田ズイキ

京都のお寺の副住職で、コラムニスト・編集者としても活躍中の稲田ズイキさん。そんな僧侶が、なんと「家出する」と宣言。この連載は、「僧侶」に虚無を、「寺」に閉塞感をおぼえた27歳の若い僧侶が、お寺を飛び出し、他人の家をわたり歩き、人から助けられる生活の中で、一人の人間として修行していく様子をほぼリアルタイムに記録していくというものです。気になった人はどうか、稲田さんをお家に泊めてあげてください。

*   *   *

「愛にできることはまだあるかい」

 

映画『天気の子』でRADWIMPSがそう歌っていた。愛にできることはもうないかのような言い方で、慈悲至上主義(慈悲と書いてラブと読む)の自分は少々焦りながら、エンドロールを眺めていた。

 

予告の「あの夏の日、あの空の上で私たちは世界の形を決定的に変えてしまったんだ」というキーフレーズからもわかるように、この映画は、世界の変化とその責任を主題にしているように思えた。

質量保存の法則のように、何かを変えてしまったら、その分だけ失った何かが存在する。万引きをしたら自分は食いつなぐことができるかもしれないけど、ものを盗られ続ける人は生きていくことができないみたいに。『万引き家族』もそういうテーマの映画だったよね。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

僧侶、家出する。

若手僧侶がお寺や僧侶のあり方に疑問を持ち、「家出」した!

さまざまな人に出会うこと、それ自体が修行となると信じ、今日も彼は街をさまよう。

(アイコン写真撮影:オガワリナ)

バックナンバー

稲田ズイキ 僧侶

僧侶。1992年京都のお寺生まれで現・副住職(※家出中)。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、仏教を楽しむコラム連載など文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。

Twitter:@andymizuki

過去の執筆・出演記事はこちら

(写真撮影:オガワリナ)

以下、polcaで応援してくださった方々

ゆうこ

haru

吉田亮

nishiura

Hisako Miura

カレー坊主@吉田武

夏野かおる(フリーランスライター)

オタクする副住職

nsoh

maikosode

リュウノユウヤ

hiroshitakumi

acoaco

雨宮美奈子

koei katsuno

shokei612

タカミネ

じゅ み

#宅録お母さん

nozommmmmy

mahomika

chikkusho

senrenja

fumiyasasaki

 

みなさんありがとうございます!

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP