1. Home
  2. 社会・教養
  3. 世にも美しき数学者たちの日常
  4. 令和になった5月1日に、 ”日本が誇る天...

世にも美しき数学者たちの日常

2019.05.20 更新

令和になった5月1日に、 ”日本が誇る天才たち”について著した一冊の本が! 二宮敦人

新元号になった5月1日。

新聞は「令和」一色でした。

この日の新聞↑に(日刊ゲンダイと夕刊フジ)、一冊の本の新聞広告が載りました。

デカっ!! 

新しい時代に向かって歩いていこうという希望溢れるこの日に、ここまで推している本は、コレです。

『世にも美しき数学者たちの日常』

面白そうなにおいがプンプンしますよね。

はい、そのとおり、最高の自信作なのです。

なので、声を集めてみました! 

さあ、見てみると…

“ビリギャル”の先生である坪田信貴さんも絶賛。

坪田先生が、本書から数学者への”愛おしさ”を感じたそうですが、いったいどんな感じなんでしょうか? 

そもそも、数学者って、みなさんどんなイメージを持っていますか? わりと、難しそうな人、みたいに思ってないでしょうか。
しかし…

丸で囲んだ中を見てみると…

〇で囲んであるところを読んでみましょう。なんて言っても、「あなたの苦手な数学の、あなたの知らない甘美な世界」ですからね!

…ふむふむ。

「やっていることは、研究というより散歩

うんこの話をしても、どこかエレガント

「確固たる意思を持って『寄り道』をする」

紙と鉛筆さえあれば、何時間でも数式を書いて過ごせる」

「楽しみは、“写経”のかわりに“写数式”

「問題と一緒に“暮らす”ことから始まる」

味噌汁も数学のテーマになる」

「数式は、世界共通の言語

歩く姿を後ろから見ても、数学者だとわかる」

人工知能に数学はできない」

音楽と数学はつながっている」

――これは、気になって仕方なくなってくるのではないでしょうか!


これは、面白いこと間違いない!

他の方のコメントも見てみましょう。

本書に登場している日本を代表する黒川先生も、

本書を読んで、笑って泣いたそうです。

もちろん、先生のことを知らずにふつうに読んでいただいても、笑って泣けます! 

そして、知りたくなるはずです。

 

また、毎日、何百冊という本に囲まれている敏腕書店員のみなさまも…

さすが、素敵な言葉で、表現してくださいました。

数学と文学が、まさかの近い存在であると感じてくださったり、

こんなにも面白くて自由で美しい世界がある、と感じてくださったり。

 

ベストセラーの『最後の秘境 東京藝大』の著者である二宮敦人さんが、その次に注目した「天才」、数学者。

まさに“知の迷宮”を巡る、知的興奮溢れるノンフィクションです。

 

 

*   *   *

18万部のベストセラー『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』の著者・二宮敦人氏による、“知の迷宮を巡るノンフィクション”。絶賛発売中!

二宮敦人『世にも美しき数学者たちの日常』

「リーマン予想」「P≠NP予想」……。前世紀から長年解かれていない問題を解くことに、人生を賭ける人たちがいる。そして、何年も解けない問題を”作る”ことに夢中になる人たちがいる。数学者だ。 「紙とペンさえあれば、何時間でも数式を書いて過ごせる」 「楽しみは、“写経”のかわりに『写数式』」 「数学を知ることは人生を知ること」 「数学は芸術に近いかもしれない」 「数学には情緒がある」 など、類まれなる優秀な頭脳を持ちながら、時にへんてこ、時に哲学的、時に甘美な名言を次々に繰り出す数学の探究者たち――。 黒川信重先生、加藤文元先生、千葉逸人先生、津田一郎先生、渕野昌先生、阿原一志先生、高瀬正仁先生など日本を代表する数学者のほか、数学教室の先生、お笑い芸人、天才中学生まで。7人の数学者と、4人の数学マニアを通して、その未知なる世界を、愛に溢れた目線で、描き尽くす!

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

世にも美しき数学者たちの日常

「リーマン予想」「P≠NP予想」……。前世紀から長年解かれていない問題を解くことに、人生を賭ける人たちがいる。そして、何年も解けない問題を”作る”ことに夢中になる人たちがいる。数学者だ。
「紙とペンさえあれば、何時間でも数式を書いて過ごせる」
「楽しみは、“写経”のかわりに『写数式』」
「数学を知ることは人生を知ること」
「数学は芸術に近いかもしれない」
「数学には情緒がある」
など、類まれなる優秀な頭脳を持ちながら、時にへんてこ、時に哲学的、時に甘美な名言を次々に繰り出す数学の探究者たち――。
黒川信重先生、加藤文元先生、千葉逸人先生、津田一郎先生、渕野昌先生、阿原一志先生、高瀬正仁先生など日本を代表する数学者のほか、数学教室の先生、お笑い芸人、天才中学生まで。7人の数学者と、4人の数学マニアを通して、その未知なる世界を、愛に溢れた目線で、描き尽くす!

バックナンバー

二宮敦人 小説家・ノンフィクション作家

1985年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。2009年に『!』(アルファポリス)でデビュー。その他『郵便配達人 花木瞳子が顧り見る』(TO文庫)、『占い処・陽仙堂の統計科学』(角川文庫)、『廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門』(講談社タイガ)、『一番線に謎が到着します』(幻冬舎文庫)、『文藝モンスター』(河出文庫)など著書多数。『最後の医者は桜を見上げて君を想う』ほか「最後の医者」シリーズが大ヒットする他、人気シリーズを数々持つ。初めてのノンフィクション作品『最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―』がベストセラーに。ノンフィクション第二弾『世にも美しき数学者たちの日常』は、「小説幻冬」に連載中から話題に!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP