1. Home
  2. 社会・教養
  3. MTVが教えてくれたこと
  4. 高校生のKダブシャインとMTVの濃厚な出...

MTVが教えてくれたこと

2019.05.08 更新

MVで読み解くヒップホップ(1)

高校生のKダブシャインとMTVの濃厚な出会いKダブシャイン/横川圭希

今回は、特別ゲストにKダブシャイン氏が登場。中学で「ベストヒットUSA」にはまり、高校中退後に渡米、80年代半ばからMTVや現地のヒップホップカルチャーにまみれていたKダブ氏。そんなKダブ先生に、この連載の主・横川圭希が、ブラックミュージックとPVの歴史、映像に込められた政治的、社会的、文化的な背景の読みとき方を訊(き)く対談。
いつものテクニカルな要素とは違った角度から見る映像の世界を、どうぞご堪能あれ。
(写真:岡本大輔 構成:幻冬舎plus編集部)

 

Kダブシャイン氏(左)と横川圭希。懐かしくて細かすぎる音楽ネタは尽きず。

中学で「ベストヒットUSA」、渡米してから現地でMTV漬けだった

横川 この連載で、僕、ミュージックビデオについて書いているんですけど、ヒップホップやブラックミュージックって、どうしても、リリックとカルチャーとPVのストーリーみたいなものがリンクしているものが多すぎて、解説するにはちょっと僕の手に余るなと思っていて。

誰かに訊(き)くか、書いてほしいと思ったら……あ、Kダブさんしかいないな日本ではと思って、今回、お声がけしました。

Kダブシャイン
1968年東京生まれ。日本語の歌詞と韻(ライム)にこだわるラップスタイルが特徴。キングギドラ(KGDR)メンバー。日本人MCとしては「児童虐待」「シングルマザー」「麻薬」「国家」「AIDS」など様々な社会的トピックを扱う数少ないMCとして知られる。その洗練された文学的な韻表現と社会的な詩の世界は、メディアで高い評価を得ている。スペースシャワーTVで放送中の「第三会議室」は根強い人気。

Kダブ  僕もミュージックビデオはけっこう人一倍見ていたほうですね。アメリカに行った時も、テレビもドラマのセリフとか全部は分からないから、ついMTVを見ちゃうわけですよ。ミュージックビデオに毎日を捧げる時期が半年間ぐらいあって。自分のライフワークでしたね。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP