1. Home
  2. 社会・教養
  3. MTVが教えてくれたこと
  4. 80年代初期のMTVはブラックミュージッ...

MTVが教えてくれたこと

2019.05.15 更新

MVで読み解くヒップホップ(2)

80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかったKダブシャイン/横川圭希

対談第2回は、1981年に始まった現地MTVとブラックミュージックのMV、ヒップホップ黎明期のお話。日本にいると気づかなかった意外なことが、どうもアメリカでは起こっていたようです。
(写真:岡本大輔 構成:幻冬舎plus編集部)

MV界にある、マイケル・ジャクソン「以前」と「以後」

横川   話は変わりますけど、マイケル・ジャクソンの「Beat It」(1982)とか「Thriller」(1982)っていうのは、やっぱり現地でもインパクトはあったんですか? 昔ジャクソンファイブがあったとは言え、白人中心の中でチャート超売れたブラックミュージックと言えますよね?

Kダブ  その頃は日本にいたから現地のことはよくわからないけど、マイケル・ジャクソンは黒人アーティストとしてというより、『Off The Wall』(1975、5tアルバム)ですでに売れていたし、80年代には日本でもスズキLOVEっていう原付のCMにマイケル・ジャクソンが出ていたから、『Thriller』が出たばかりの時は、新譜が出たんだなっていうくらいでしたよね。

でも「ベストヒットUSA」を見てたら、確か「Billie Jean」(1982)がビデオで出始めて……。

 

気さくなKダブ先生(左)。ヒップホップ・カルチャーの深くて面白すぎる話は、別の機会にご提供することを編集部はもくろみ中。

 

 

横川  あのMVも衝撃だったけどね。

Kダブ  虎ね。白い虎が出てきて。地面が光る。

横川  ああいう踊りのPVものって、あまり当時はなくて。ストーリーものが多くて、ああ、ダンスだけでこんなに見れるんだって思ったのが「Billie Jean」とか「Beat It」とか「Thriller」でしたね。

Kダブ  「Thriller」なんて完全にね。

横川  ヤバいっすよね。

Kダブ  「Billie Jean」は踊っているとは言え、完全に一人でしょ。一人で歩いたり爪先立ちしたり自己満足的なビデオだけど。「Beat It」はギャングとギャングが抗争するところをマイケルが止めに入るみたいな、ストーリーものですよね、『ウエスト・サイド・ストーリー』(1961)からアイディアを得てるっていう。

マイケル・ジャクソン「Beat It」(1982)。人類史上最も売れた(全世界トータルで1億5000万枚以上売れた)アルバム「Thriller」(1982)からのカットシングル。「Billie Jean」もこのアルバムに収録。

横川  そう、あれは完全に『ウエスト・サイド・ストーリー』のオマージュですよね。

Kダブ  ブロードウェイ的ですよね。それをマイケルが一番最初にやりだしたかどうかは、ちょっと俺も分かんないけど。

横川  俺も分からない。でもあれはかなり衝撃だったというか。要は当時の僕らの周りの認識としては、あの頃、黒人が映画で主役になることが少なかったから……

Kダブ  まずないよね。

横川  だから何かの主役になるために、ああいうMVを造るという解釈をしていた。ブラックミュージックの中ではダンスもあるけど主人公になれる。物語の主人公になるのがメインなんだ、みたいに感じていました。

Kダブ  まあだからブラックスプロイテーション(※)の映画みたいな『シャフト』(1971『黒いジャガー』のリメイク)とか、ああいうのはあったはあったけど。マーケットが完全に黒人向けだったでしょ。

(※Blaxploitaition アフリカ系アメリカ人をターゲットに作られた、黒人の俳優たちが主演の映画のジャンル)

だからそういう意味ではなかったんだろうね。

横川  それこそスパイク・リーが、黒人を全編主役としてディテールまで描く『Do The Right Thing』(1989)まではなかったんじゃないですか?

売れたら流れ始めたブラックミュージックのMV

Kダブ  ただね、マイケル・ジャクソン以前に、リック・ジェイムス(※)とかビデオ作っている人はいて。

(※Rick James1984~2004、パンク・ファンクの世界的アーティストであり、ベーシストであり、音楽プロデューサー)

リック・ジェイムス「Super Freak」(1981)。リック・ジェームスの5thアルバム『STREET SONGS』(1981)に収録。のちにMCハマーがリメイクして再ヒットさせた曲。

横川  懐かしい名前だな。

Kダブ  でもそれはMTVには拒否されていたんですよ。で、リック・ジェイムスは、「MTVが俺のビデオを流さないのはおかしい」ってすごい批判もしていて。けどそれは重くとられなかったというか、その頃は、みんなその状況を仕方なく受け入れていたんだけど。

そのあと、マイケル・ジャクソンの「Thriller」が売れ始めて、MTVが「Billie Jean」をかけないことに、当時のソニーの社長が、それはおかしいだろうと不満をつのらせたりもして。

最終的に、当時マイケル・ジャクソンのいたエピックソニーはCBS傘下だったんですけど、MTV発足の際に、CBSテレビが何らかの協力をしていて。

そういう繋がりからCBSからMTVに話を持っていって、「マイケル・ジャクソンの『Billie Jean』をオンエアしなかったら、うちの他のアーティストのビデオも全部引き上げる」って脅したんですよ。

そうしたら、MTVは「しかたない」ってことで、「Billie Jean」がかかり始めて、そこから堰(せき)を切ったようにプリンスの「1999」とかもかかっていく。

横川  MTVの初期は、なんでブラックミュージックのビデオがそこまでしてかからなかったんですか?

Kダブ  MTV自体が「ロックステーション」として生まれているんですよね。それこそ、ラジオとかでかかるものと別のエッジで探そう、という意識があったから。ロックの中のアンダーグラウンドのものをいろいろ見つけるのが、MTVの最初のポリシーだったんじゃないかなと思う。

横川  じゃ、別に人種差別的な意味でかけなかったわけじゃなく……。

Kダブ  それまでの白人のラジオ局が黒人の音楽をかけないのと同じ理由で、かけてなかった。うちの視聴者はでもそれは、そういうマーケットじゃないだろうっていう意味でね。

横川  広く受け入れられるのは、ポップでロックなものだよってことですか。

Kダブ  うん。そこにいろいろ埋もれているインディーズのロックアーティストを発掘しようっていうのが、MTVの初期衝動なんじゃないかなと思うのね。

横川  じゃあ、ある意味、マイケル・ジャクソンとかがかかり始めて売れ始めると、MTVは商売になるってことも学んだみたいなところがあるの?

Kダブ  そうでしょう。マイケル・ジャクソンのビデオをかけたら、視聴率、レートがメチャメチャ上がってきたよってことになった。でも下手したら「Billie Jean」のあとの「Beat It」「Thriller」とかは、MTVもお金を出してるんじゃないかなって思うぐらい。だって「Thriller」の15分ぐらいのビデオを一日何回もかけていたし。

横川  出してるかも。当時、MTVのファンドが始まっているはずですよ。要は、MTVがお金を出すかわりに、ビデオの権利の何%かをもらうよっていう契約になってて。

Kダブ  そうか。MTV先行オンエアが多かった、当時。

横川  それは今でも続いていますね。だから日本とアメリカのミュージックビデオは違うんですよね。

Kダブ  アメリカは、メディアもお金出してかけるから、一緒に儲けようよってことなんだね。

横川  そう。だから作品として、コンテンツとして成り立つ。日本だと、Kダブさんはアーティストだからよくご存知だと思うんですけど、だから釈迦に説法ですけど、制作部がPVにお金を出す部署じゃないんですよね。

Kダブ  宣伝部が出してる。

横川  そうなの。MVは「宣伝物」という意識なんです。作品としての契約が始まったのは、ゼロ年代ぐらいからなんですよね。それまでは僕ら監督してディレクションして撮っても、映像の権利を自然に放棄してたわけ。普通はディレクターが決め手、放棄するかしないかってサインをする。

Kダブ  映像の世界は本来、ディレクターが一番偉いからね。

横川  本来はね。ただ、アメリカはそうなっていましたけど、日本はそうじゃない時代が長かったなあ。

ゼロ年代になって、作品性があるものに著作権をくれ、みたいな話が業界で出たんですけど、儲からないので、話自体なくなっちゃったんですよね。

実際、MVをかける場所がなかったり、売るチャンネルがなかったりで、契約しても有名無実で。

Kダブ  日本のMTVがそういうスタンスでできてないからね、スぺシャー(※)もね。

(※スペースシャワーTV。日本最大の音楽専門チャンネル)

横川  スぺシャーも難しい。

Kダブ  新しい音楽ブレイクさせる気なんかないもん、あのへんのメディアは。

横川  それ俺を巻き込んで言いますか(笑)。

Kダブ  しつこく言うけど、日本のケーブルテレビとかビデオチャンネルは、ニューミュージックをブレイクさせる気なんかなかったですよ。バズっても、そのあと油を全く注がないもん。

(第3回へ続く)

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

Hiromu Igarashi  RT @keiki22: ケーダブ さんとの2回目が更新。 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/qt8LEVxgAV 3日前 replyretweetfavorite

カールレフラー  RT @keiki22: ケーダブ さんとの2回目が更新。 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/qt8LEVxgAV 4日前 replyretweetfavorite

決してひとりではH.イワシタを見ないでください  RT @keiki22: ケーダブ さんとの2回目が更新。 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/qt8LEVxgAV 4日前 replyretweetfavorite

chika 反原発反改憲反TPP  RT @gentoshap: [NEW] 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった Kダブシャイン,横川圭希 https://t.co/y595T1JH6A 5日前 replyretweetfavorite

chika 反原発反改憲反TPP  RT @keiki22: ケーダブ さんとの2回目が更新。 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/qt8LEVxgAV 5日前 replyretweetfavorite

KENZO@Y  RT @nagaya2013: 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/1YoysOftK4 いい記事なんですけど、幻冬舎なんだよね。まあコンテンツには罪はな… 5日前 replyretweetfavorite

chika 反原発反改憲反TPP  RT @gentoshap: マイケルの Beat It のMV、やっぱりかっこいい…だけでは終わらない、あの頃の話。「マーケットが違ったから」という所に少しホッとしました〔相〕 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシ… 5日前 replyretweetfavorite

chika 反原発反改憲反TPP  RT @nagaya2013: 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/1YoysOftK4 いい記事なんですけど、幻冬舎なんだよね。まあコンテンツには罪はな… 5日前 replyretweetfavorite

izm  RT @keiki22: ケーダブ さんとの2回目が更新。 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/qt8LEVxgAV 5日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/kCY9ugmzqK 5日前 replyretweetfavorite

ひろ  きゅん @がんばらない as お稲荷様  RT @nagaya2013: 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/1YoysOftK4 いい記事なんですけど、幻冬舎なんだよね。まあコンテンツには罪はな… 5日前 replyretweetfavorite

ちマコ💙おしどりおしおし  RT @gentoshap: マイケルの Beat It のMV、やっぱりかっこいい…だけでは終わらない、あの頃の話。「マーケットが違ったから」という所に少しホッとしました〔相〕 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシ… 5日前 replyretweetfavorite

misato yugi 柚木ミサト(想像以上)  RT @gentoshap: マイケルの Beat It のMV、やっぱりかっこいい…だけでは終わらない、あの頃の話。「マーケットが違ったから」という所に少しホッとしました〔相〕 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシ… 5日前 replyretweetfavorite

⁽⁽₍₍ꐕマサキシュガーꐕ₎₎⁾⁾  RT @gentoshap: マイケルの Beat It のMV、やっぱりかっこいい…だけでは終わらない、あの頃の話。「マーケットが違ったから」という所に少しホッとしました〔相〕 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシ… 5日前 replyretweetfavorite

萩原崇之  RT @keiki22: ケーダブ さんとの2回目が更新。 80年代初期のMTVはブラックミュージックに目もくれなかった|MTVが教えてくれたこと|Kダブシャイン/横川圭希 - 幻冬舎plus https://t.co/qt8LEVxgAV 5日前 replyretweetfavorite

MTVが教えてくれたこと

1981年8月1日午前0時に「観る音楽」の文化を作り出し、熱狂を巻き起こした音楽番組MTVは始まった。CM→MV(ミュージック・ビデオ)→映画監督という流れができ、あらゆる映像技術がMVで試されて行ったあの時代を振り返る。

バックナンバー

Kダブシャイン

1968年東京生まれ。日本語の歌詞と韻(ライム)にこだわるラップスタイルが特徴。キングギドラ(KGDR)メンバー。日本人MCとしては「児童虐待」「シングルマザー」「麻薬」「国家」「AIDS」など様々な社会的トピックを扱う数少ないMCとして知られる。その洗練された文学的な韻表現と社会的な詩の世界は、メディアで高い評価を得ている。スペースシャワーTVで放送中の「第三会議室」は根強い人気。

横川圭希

1966年生まれ。映像作家。ギタリスト。「ベストヒットUSA」などの音楽番組やMV制作にかかわる。震災直後からは東北の被災地や福島に入り取材と記録を継続。原発事故で環境中に大量に振りまかれた放射性物質から子供たちを守る「オペレーション・コドモタチ」発起人。市民メディア「confess」で映像配信、映像制作などを行っている。twitter:@keiki22 https://www.facebook.com/ConfessTokyo

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP