1. Home
  2. 社会・教養
  3. MTVが教えてくれたこと
  4. The Popper’s MTV にかぶ...

MTVが教えてくれたこと

2019.01.20 更新 ツイート

The Popper’s MTV にかぶりついてた頃 1984-'87横川圭希

MTVは日本にもやって来た。MTVとライセンス契約をして、MTVのロゴを冠した番組が地上波の深夜で始まり、小林克也の「ベストヒットUSA」のようなアメリカのチャートを紹介する番組もあったし、インタビューとレコメンドで構成された番組もあった。だがいかんせんアメリカ発信のチャンネルなのだから、当然のようにアメリカの楽曲が多くなる。1980年代中盤、理由はわからないが、MVを凝りに凝って作っていたのはヨーロッパのミュージシャンたちだった。

そのヨーロッパのミュージシャンに比重を置いて紹介していた番組がTBS系列で始まった「The Popper’s MTV」だ。司会はピーター・バラカン、番組は楽曲をぶつ切りにするのではなく、MVの始まりの音のない部分から、最後の最後まで流すというスタイル。選曲もピーター・バラカンのセンスがテンコ盛りで、時には実験的なMVですら流れた。

その辺の経緯に関しては、こんなインタビュー(「時代に影響を与えたPopper’s MTV」HAIR CATALOG.JP )を見つけたので、読んでおいて欲しい。

多分、僕のMVを選ぶセンスに関しては、ピーターさんの影響を大きく受けている。1984年にこの番組が始まった時には、僕の家にはまだビデオデッキがなかったので、きっと生で観ていたのだろう。1985年の年末から1986年の夏にかけて友人からBetaのデッキを売ってもらった記憶があるので、1年以上、生で観続けたのだと思うと、相当な集中力を発揮していたに違いない。ピーターさんの一言一言を逃すまい、という感覚は今でも覚えている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

MTVが教えてくれたこと

1981年8月1日午前0時に「観る音楽」の文化を作り出し、熱狂を巻き起こした音楽番組MTVは始まった。CM→MV(ミュージック・ビデオ)→映画監督という流れができ、あらゆる映像技術がMVで試されて行ったあの時代を振り返る。

バックナンバー

横川圭希

1966年生まれ。映像作家。ギタリスト。「ベストヒットUSA」などの音楽番組やMV制作にかかわる。震災直後からは東北の被災地や福島に入り取材と記録を継続。原発事故で環境中に大量に振りまかれた放射性物質から子供たちを守る「オペレーション・コドモタチ」発起人。市民メディア「confess」で映像配信、映像制作などを行っている。twitter:@keiki22 https://www.facebook.com/ConfessTokyo

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP