1. Home
  2. 社会・教養
  3. 藤倉大の無限大∞
  4. ガラス破片が埋まったまま。だがピアノは生...

藤倉大の無限大∞

2019.03.15 更新

第2回

ガラス破片が埋まったまま。だがピアノは生きている!藤倉大

前回は広島に来る前に書いたんだけど、ここからは広島に来てから書いています。

この河本明子さんとそのピアノの話はネットで調べれば載っているのでここでは細かくは書かない。

河本明子さんはロサンゼルスで日本人の両親の元に生まれ6歳9か月で家族と日本にやってきて、広島に着いた(明子さんの両親にとっては帰国。明子さんにとっては初めて降り立つ祖国)。もう一度、書くが、明子さんにとって、それが初めての日本。アメリカのボールドウィン社製のピアノも一緒だった。

12年後19歳の時に原子爆弾が落とされ被爆。その後、広島市内を長時間かけて歩き、川を泳いで(!)両親のいる自宅に帰り、急性放射線障害で次の日に亡くなった。

一方、ピアノは、爆風で割れた窓ガラスの破片が側面に埋まったままだが、ピアノはまだ生きている。

広島駅から電車に乗って50分。かなり田舎の工房に着いた。ここで僕は初めてこのピアノと対面した。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP