1. Home
  2. 社会・教養
  3. 藤倉大の無限大∞
  4. Akiko's Piano(明子のピアノ...

藤倉大の無限大∞

2019.02.27 更新

第1回

Akiko's Piano(明子のピアノ)を追いかけて藤倉大

僕は、中学の卒業式の1週間後、大阪からイギリスに一人で渡って、その26年後、41歳の今もロンドンに住んでいる作曲家です。

1977年大阪生まれ。作曲家。15歳で渡英し、D・ランズウィック、E・ロックスバラ、G・ベンジャミンに師事。国内外の作曲賞を多数、受賞(2019年は3回めの尾高賞を受賞)。数々の音楽祭、音楽団体から作品を委嘱され、いま「世界で最も演奏される現代音楽作曲家」と呼ばれる。2010年2月「情熱大陸」で特集され大反響。先日、映画「蜜蜂と遠雷」の中の課題曲「春と修羅」を作曲したことが発表されたばかり。
http://www.daifujikura.com

ときどき「現代音楽の作曲家」と言われてしまうこともありますが、いろんな国のオーケストラ、オペラハウス、演奏者たちに音楽を作ったり、時にはノルウェーの即興アーティストたちとコラボしたり、JAPANというロックバンドの元ヴォーカリストで坂本龍一さんとの共演でも有名なデヴィッド・シルヴィアンとコラボしたりもしています。

〈新しい音を赤ちゃんから大人まで〉をテーマにした東京芸術劇場での音楽祭「ボーン・クリエイティヴ・フェスティヴァル(ボンクリ・フェス)」の芸術監督もやってます。

さて。

僕は、2008年に「アンペール(Ampere)」というタイトルのピアノ協奏曲を作曲し終えた時、あまりに難産だったせいで、これを人生最初で最後のピアノ協奏曲にしようと思った。

なのに11年後の今、なぜかピアノ協奏曲4番「Akiko’s Piano(明子のピアノ)」に追われている。

先週は名古屋で名古屋フィルハーモニー交響楽団(名フィル)が「ソラリス組曲」という、僕のオペラ「ソラリス」をオーケストラ用に自分で編み直した曲を世界初演(2月22日23日)するのに立ち会ったし、そのあと広島に行って件(くだん)のピアノ協奏曲4番「Akiko’s Piano」の作曲の準備。世界初演を演奏するのは、なんと、マルタ・アルゲリッチさん(の予定)だ。

ゲネプロの様子。プログラム順で僕の「ソラリス」組曲から始まりました。この2月22日が世界初演。
名フィルでの公演(2019年2月22日、愛知芸術劇場)の様子。指揮はアントニ・ヴィットさん。
​​​

僕が日頃、住んでいて作曲をする場所はロンドン。なのにどうして広島なのか? マルタさんに曲を書くのになぜ明子? 明子って誰? など不思議要素がいっぱいのこのプロジェクト。

その理由は、この作品が、いつもの僕の音楽と違って大変、悲しく重いストーリーを持っていることだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP