1. Home
  2. 読書
  3. 片想い探偵
  4. 結婚は自分を磨くチャンス

片想い探偵

2018.07.21 更新 ツイート

第2回

結婚は自分を磨くチャンス須藤凜々花/辻堂ゆめ

東京大学在学中に作家デビューし、最新刊『片思い探偵 追掛日菜子』を発売した小説家、辻堂ゆめさん。NMB48メンバーとしてセンターを経験し、著書『人生を危険にさらせ!』を上梓。NMB48卒業後は大学進学を目指しながら、GOETHE(ゲーテ)連載『りりぽんのスキスキ委員会』でエッセイを綴る須藤凜々花さん。

須藤さんは今年4月に入籍、現在GOETHE(ゲーテ)で連載中の『りりぽんのスキスキ委員会』で、ご自身の愛や結婚観についてのエッセイを書かれています。辻堂さんも今年の3月に会社の同僚の方と結婚。仕事で活躍しながら、若くして結婚を決断したお二人の結婚観に迫ります。
(文:吉崎唯/箕輪編集室)

ゴールを意識した結婚観

―結婚ってそもそもどんなつもりで「しよう」と思ったんですか?

須藤 うーん、面白そうだから。自分でもびっくりしてます。そもそも結婚は一生しない、できないと思ってたんですよ。でも、今の旦那さんと出会って、この人とならしてみたい、後悔しないなって思ったんで。その人と出会うまでは、結婚は怖いなというか、絶対失敗するものだってイメージがありました。

辻堂 そうなんですか?

須藤 すぐフラグに見えちゃうんですよ。イチャイチャしてるリア充を見ると、そんなイチャイチャしたらヤバいよ、フラグ立ってるよみたいな。

辻堂 あー。

須藤 フラグに敏感で、結婚したら、いつか離婚しちゃいそうだと思ってしまう。

辻堂 「結婚」そのものがフラグに見えちゃうんだ。

須藤 すぐに終わりを考えちゃうんですよ。でも、この人となら離婚も経験したいなって。二人の関係の終わりを考えたとき、むしろポジティブな気持ちになれたので結婚しようと思えました。

辻堂 須藤さん、面白いですね。片想いだったら付き合うことがゴールであるのと同じように、両想いになってからもゴールをいつも意識して動くタイプなんですね。

須藤 維持できないんです。「維持しよう」っていうのがモチベーションにならない。

辻堂 どうしてもゴールを探しちゃうんですね。

子どもの父親にふさわしい人が理想の結婚相手

辻堂 私自身は、盲目的に熱烈な恋をするような状態は高校くらいまでで終わって、その後は結婚するなら誰かなって思いで相手を見てました。

ー高校生から?

辻堂 高校終わったぐらいから、ですね。高校までは一人を好きになると、その人のことで頭いっぱいで。高校の時、頑張って勉強してたんですけど、好きな人がいると勉強が手につかなくなるから死活問題だったんですよ。勉強したいから片想い辞めなきゃって思うくらい、気になり出したら止まらないタイプでした。
でも大学生以降は、結婚って子どもができるとか、家族を作るイメージが強かったので、将来ずっと一緒にいられる人かな、っていう目線で相手を見てました。どういう人なら自分の子どものパパにしたいかな、この人だったらいいパパになりそう! っていう。

須藤 わかります! 超わかる!

辻堂 旦那さんに対して、「自分の好きな人」というよりも、「将来の自分の子どものパパ」のつもりで見てる部分も多い。もちろん、好きなところもたくさんあるんですけど、大事なポイントのうちの一つは「子どもの父親として理想的な男性かどうか」かな。

須藤 わかるー、めっちゃわかる!

辻堂 じゃあ、須藤さんの旦那さんは、自分の子どものパパとしては理想なんだ。

須藤 はい!娘を早く生みたくって。娘に「よしよし」ってしてる姿を早く見たいです。

辻堂 そういうのもいいよね。

須藤 それでキュンとしちゃうんです、勝手に。

辻堂 そういう日が来たら、絶対楽しいと思う。そんな二人を遠くから見守っていたい。

須藤 そう!

子どもは、母を無敵にする

ーどうしてお二人はそんなに子どもを持ちたいんでしょうか?

辻堂 近所の子や従兄弟が全員年下で、小さい頃からずっと赤ちゃんのお守りしてました。私が中学生になったら、小さかった子たちがみんな小学生になっちゃって、つまんなくなっちゃったんですよ。

ー手持ち無沙汰になっちゃったんですね。

辻堂 赤ちゃんの世話をしたいのに、赤ちゃんが周りにいなくなっちゃった。それで、中学生ごろから「早く子育てしたいなー」という思いが芽生えてましたね。

須藤 母性に溢れてるんですね。

辻堂 母性、かはまだ分かりませんが(笑)。

須藤 私も子ども大好きです。大人が大嫌いなんで(笑)。

辻堂 大人が大嫌い(笑)。

須藤 だから子どもを一人でも増やしたいって思ってるんです、この世界に(笑)。

辻堂 少子化社会ですし、その思いはありますよね。周りにも「子供はいらないや」、「結婚もしたくないよ」という考えの人も増えてますけど、私は「せっかく結婚したからやっぱり子どもはほしいな」って。

須藤 そう、そうですよ。だって好きな人にそっくりな、しかも子どもが誕生するって最高だなと思います。

辻堂 確かにね。「旦那に似ているといいな」とは、よく思います。旦那に似てる息子が生まれてほしい。

ーお二人は自分の名前で仕事をしていらっしゃいますが、子どもを産むと自分の時間が無くなってしまうと捉えたことはないですか?

辻堂 あまり思ったことないかも。

須藤 全然思わない。子どもができたら、無敵になると思う。さらにメンタル強くなると思う(笑)。

辻堂 子どもがいることで、もっと強くなりそう。

ー子どもについて夫婦で話すことはありますか?「子どもを授かったらどうする?」や「いつ頃がいいかな?」ということについて。

辻堂 まぁ話しますよ。「早く子どもが欲しい!」って私がずっと言ってたから。そんなに細かくは話さないですけどね。

須藤 一緒! 一緒です。

結婚生活は、自分とは違う相手との学び

須藤 私は「子ども欲しい」って言ったら、旦那さんに「まだ君は子どもだからダメ」って言われたんです。

辻堂 えー!(笑)

須藤 「じゃあ、お前は子どもと結婚したんか!」って思いました。旦那さんに言えなかったんですけど。

辻堂 言えなかった(笑)。まあ旦那さんが20台後半だったら、21歳の須藤さんはまだ子どもに見えるのかなあ?

ー辻堂さんのご夫婦はどんな関係性ですか?

辻堂 私の旦那は27歳なんです。彼は私より2歳年上ですが、会社の同期で結婚しているので、割と対等な関係なのかもしれないですね。でも、私の子どもっぽいところがあると、何かと茶化されます。そこは年下だからかも。

須藤 仕事のことでも「え、何で休み取れないの?」とか言ってきたりしません? たまに嫉妬されないんですか?

辻堂 私の旦那はもともと一人でいるのが好きなタイプだったんですよ。私が忙しくても、それはそれで、一人で楽しく過ごしているみたいです。須藤さんはどうですか?

須藤 いや、旦那さんはめっちゃ素っ気ないんですよ。普段はクールガイなんですけど。でも、ロケで家空けると、彼から「いつ帰ってくんの?」って言ってくる。「いや私が帰ってきても、ずっと麻雀の実況見てるじゃん。」って思うんですけど。

辻堂 あー(笑)。

須藤 面倒ですね。面倒くさいツンデレ。

辻堂 いいなぁ。

ー仕事と家庭、どっちが大事って聞かれることはないんですか?

須藤 ならないです。「仕事しろ!」っ言われます。でも今は仕事というより、ちゃんと受験勉強しろよって言われますね。もう料理や家事もするなって。

辻堂 優しいですね。

ー新婚生活で不満はありますか?

辻堂 パッとは出てこないですね。一緒に生活しているから、話し合わないといけないことはあるんですけど、不満って言われると思い浮かばないかも…。

須藤 私もです。旦那さんは、半分は私と似ていて、半分は全然違う要素を持っている人なんです。私はとにかく暴走なんですけど、相手は慎重なんです。だから、不満よりも「あっ、そうなんだ」って、日々勉強になってますね。完全に似た者同士だったら、不満が出ると思うんですけど。

辻堂 確かに、確かに!

関連キーワード

関連書籍

辻堂ゆめ『片想い探偵 追掛日菜子』

{ この記事をシェアする }

片想い探偵

バックナンバー

須藤凜々花

1996年11月23日、東京都出身。2013年におこなわれた『第1回AKB48グループ ドラフト会議』において、NMB48チームN当から指名され、後に加入。NMB48でセンターを務めるほど人気メンバーになり、2017年8月NMB48を卒業。ソロ活動スタートさせた。将来の夢は哲学者で、著書に『人生を危険にさらせ!』がある。趣味は読書、茶道、麻雀。特技は百人一首。

辻堂ゆめ 作家

1992年神奈川県生まれ。東京大学卒。第13回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞し『いなくなった私へ』でデビュー。他の著作に『コーイチは、高く飛んだ』『あなたのいない記憶』(宝島社)、『悪女の品格』(東京創元社)、『僕と彼女の左手』(中央公論新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP