1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 忘れられないひと

本屋の時間

2021.07.15 更新 ツイート

第114回

忘れられないひと 辻山良雄

店を続けているあいだには、一瞬すれ違っただけなのだが鮮やかな印象を残す人もいて、先日急逝した女優のLさんは、わたしにとってそんな方だった。

 

最初にその姿を見かけたのは、店の前の青梅街道か、それとも隣のセブンイレブンだっただろうか。当時彼女はセブンイレブンでよく煙草を買っていた。目の前の客が誰かもよくわかっていない、若い店員を相手に買いものをすませると、まだ無料であったビニール袋を片手に、一点を見つめ悠々と歩いて出ていく姿をたまに見かけた。

「今日、Lさんいらっしゃったよ」

彼女を見かけたときには、妻もわたしもなんとなく、お互い報告するようになっていたのだが、ある日のこと、気がついたら目のまえに当の女性が立っていたので驚いた。その時も手にはセブンのビニール袋をぶら下げ、だらりとしたTシャツに足元はサンダル。外にいるだけで心底うんざりする、蒸し暑い日のことだったと思う。

「クマちゃんの本ある?」

そのしわがれた声をした女性は尋ねた。

「え? 熊の本ですか」

「違うわよ。ほら、篠原勝之さんの何といったかしら、賞を取った……」

ああ、クマさんのことか。その本のタイトルは検索してすぐにわかったが、店にはなかったので注文して取り寄せることになった。

こちらに名前と電話番号を書いてください。

そのように言って専用の用紙を渡すと、彼女は震える字で名前を書いた。やっぱりそうだったのだ。しょっちゅうこの前は通っているから電話はしなくてもよいと電話番号は書かなかった。

そのあとLさんは帰っていこうとしたが、途中にあった文庫の棚の前で足を止め、講談社文芸文庫の新刊から一冊本を取ってまた戻ってきた。「この人、わたしの友だちなの」

見ると古井由吉の新刊である。これ、買います。Lさんは特に中身も値段も確認することなく、その本を買って帰った。とてもすてきな光景だった。

 

それから一カ月くらい経って、彼女はクマさんの本を取りにきたと思うのだが、そのときのことはあまり覚えていない。

店にいるあいだのLさんは、まわりからは少しだけ浮いていて、わたしは自由であるという空気を身にまとっていた。彼女はまわりの何事にもあまり関心がないように見えたが、そこには何より、一人の人間としての尊厳があった。それは好き勝手に生きている人を見るとすぐに足を引っ張ろうとする、いまの風潮とはまったく態度を異にするものである。

 

姿を見かけないなと心配していた矢先の訃報であった。一瞬でもすれ違うことができて、ほんとうによかった。

 

今回のおすすめ本

『てがみがきたな きしししし』網代幸介 ミシマ社

こんな洋館はいやだ。闇の中、いろんなおどろおどろしいものからかまわれてしまう、郵便局員の受難。スタイリッシュですこしおかしな、あたらしいホラー絵本。

◯Titleからのお知らせ
連載「本屋の時間」が本になりました!

連載「本屋の時間」に大きく手を加え、再構成したエッセイ集『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』が6月30日、幻冬舎から発売になりました。店が開店して5年のあいだ、その場に立ち会い考えた定点観測的エッセイ。全国の書店にてお求めください。ご予約はTitle WEBSHOPでも。

 

◯2021年7月2日(金)ー 2021年7月19日(月) Title2階ギャラリー

『山口昌男・本の迷宮 | The Labyrinth of Books』 出版記念展
書棚の彼方の祝祭のくにへ

 2006年の蔵書整理の記録を収めた写真とともに、山口昌男の著作テクストを一部引用し、既存の領域を飛び越えて展開する、氏の思想のミクロコスモスを一冊の本として体現しようという本書の出版記念展。

◯2021年7月22日(木)~ 2021年8月16日(月) Title2階ギャラリー

 齋藤陽道との三日間 写真家が撮った街と店
『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』刊行記念

本書のため齋藤陽道さんが撮影してくれた510枚の写真。店と荻窪の、とある三日間を捉えた貴重なドキュメント。その写真をすべてプリントし、時系列に壁一面に貼ってご覧いただく企画展です。

 

◯【書評】
『小島』小山田浩子(新潮社)
日常の豊かさ 身近な<自然>描く
北海道新聞2021.6.20掲載

◯じんぶん堂 「好書好日」インタビュー
「本屋、はじめました」から5年 全国の本好きとつながる街の新刊書店ができるまで:Title

◯金子書房note 寄稿
あなたの友だち(辻山良雄:書店「Title」店主) #私が安心した言葉



◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連書籍

辻山良雄『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』

まともに思えることだけやればいい。 荻窪の書店店主が考えた、よく働き、よく生きること。 「一冊ずつ手がかけられた書棚には光が宿る。 それは本に託した、われわれ自身の小さな声だ――」 本を媒介とし、私たちがよりよい世界に向かうには、その可能性とは。 効率、拡大、利便性……いまだ高速回転し続ける世界へ響く抵抗宣言エッセイ。

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP