1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 「他人のこと」だから面白い

本屋の時間

2021.06.15 更新 ツイート

第112回

「他人のこと」だから面白い 辻山良雄

(撮影:平野愛)

ある日の夕方遅く、作家の友田とんさんが店にやってきた。友田さんは「Titleのフレンチトーストを食べられない男」として一部では知られており、その顛末は彼の書いた『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する  1まだ歩きださない』という本で知ることができる。

 

彼は「代わりに読む人」という自らの出版レーベルを立ち上げているが、この夏、そのレーベルからはじめて、自分ではない他の人の本を出すのだという。

「わかしょ文庫さんといって、文章がほんとうによくって、インディーズでは昔から有名なんです。いま原価計算しながらどんな装丁にしようか考えていますが、こういうのって考え出すとほんとうに楽しくって……」

いま「ほんとうに」を二回いったと思いながらも、彼のある一言が引っ掛かった。「自分の本を作るときより楽しいです」。自分の本を作るよりも楽しいだって?

わたしの知る友田さんは、出版から流通に至るまで、まずは自分で何でもやってきた人である。そんな彼が他人のために行うことが楽しいとは、意外なことのように思えた。

君子は豹変す。

男子三日会わざれば刮目して見よ。

ほぉー、友田さんがそんなことをいうなんてねぇとその時は彼を見直したが、その後カフェで「今日のケーキはすべて終わってしまいました」といわれているところなどは、いつもの友田とんだと思った(その日は試作品を食べてもらった)。

 

しかし「自分の本を作るときより楽しい」ということは、わかるような気がする。京都にある誠光社は、書店業の傍ら、自ら作った出版物も数多く手掛けている。その最新刊『恥ずかしい料理』(梶谷いこ・文 平野愛・写真)では、全国のインディペンデントな書店にて展示も行っていたが、各地の会場には、バンドメンバーさながらトランクを引きずり歩く、誠光社の店主・堀部篤史さんの姿があった。みなと歩く堀部さんの写真に思いがけずじんとしてしまったが、それを見て、ああ、堀部さんはほんとうに編集者になったんだなと思った。

考えてみれば本を出版する行為自体、「誰か他の人のこと」からはじまるものだ。他の人のことだから、物事は自分の予想をはるかに超えていくものだし、はじめた当人にとってみても、それはエキサイティングなことだろう。これが自分のための本ならば、堀部さんは全国様々な土地にまでわざわざ足を運ぶことはなかったのかもしれない。

それぞれの本には、それを作った人の思いがある。普段それを意識することはあまりないが、不意にそのことを思い知らされるときもあって、先日、何の気なしに棚に並べておいた本の関係者から、深々とお礼を伝えられたことがあった。

「これ、ぼくの友人が書いた本なんです。よろこぶと思うので、並んでいるところを写真に撮って、彼に送ってあげてもいいですか」

どうぞ。その著者の名前は知らなかったが、テーマとタイトルが面白そうだったので、一冊注文して棚に差しておいた本だ。

数日後、店の問い合わせフォームにその著者からメッセージが届いた。

「店に拙著を並べていただきありがとうございました。書店に自分の本が並んでいるのを見かけることもなかったので、写真を見て感激しました。本を出すのは秤にかけられるような気がしてつらくもありますが、また頑張りたいと思います」

誰かの本を売ることは、わたしにとっては商売であり、人助けではない。しかし時にはそれが思いもかけず、誰かのためになっていることもあって、そうした意図せず行われた「他人のこと」が、内向きになりがちな自分を救ってくれる時もあるのだ。

 

今回のおすすめ本

海のアトリエ』堀川理万子 偕成社

生きる励ましとなった夏の日の思い出が、爽やかな絵と硬質な文で綴られる絵本。大人と子どものつかず離れずな距離感が、とても気持ちがよい。

 

 

◯Titleからのお知らせ
連載「本屋の時間」が単行本に。反響多々!! ありがとうございます。

連載「本屋の時間」に大きく手を加え、再構成したエッセイ集『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』が6月30日、幻冬舎から発売になりました。店が開店して5年のあいだ、その場に立ち会い考えた定点観測的エッセイ。全国の書店にてお求めください。ご予約はTitle WEBSHOPでも。

齋藤陽道『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』

辻山良雄さんの著書『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』(2021年6月刊行)のために、写真家・齋藤陽道さんが三日間にわたり撮り下ろした“荻窪写真”。本書に掲載しきれなかった未収録作品510枚が今回、待望の写真集になりました。

 

 

◯2021年12月3日(金)~ 2021年12月23日(木) Title2階ギャラリー

エドワード・ゴーリーの世界
新刊『鉄分強壮薬』刊行記念偏愛コレクション展


2000年秋にゴーリーの代表作3作を一気に刊行し、その美しい線画と奇妙で唯一無二な作品世界を日本の読者に広めてきた編集担当者の田中優子さん。海外作家の代理人として独立してから、ゴーリー没後20年、日本での出版も20年という節目の2020年に『金箔のコウモリ』を刊行、そして今年は『鉄分強壮薬』が刊行されました。今回、満を持しての“ゴーリー偏愛コレクション展”では、そんな田中さんがコレクションしてきたゴーリーの写真やポスター、原書古本等を展示しつつ、ゴーリーハウスで販売されている人気のグッズ商品も販売します。
 


◯北欧、暮らしの道具店【本屋の本棚から】
テーマ「夜の時間」辻山良雄 選


朝日新聞「折々のことば」2021.9.30掲載
「声が大きな人をそんなに気にすることはない」
『小さな声、光る棚』辻山良雄著より


◯【書評】
連載「私の好きな中公文庫」
もう20年以上ずっと頭のどこかにある本 辻山良雄

 

関連書籍

辻山良雄『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』

まともに思えることだけやればいい。 荻窪の書店店主が考えた、よく働き、よく生きること。 「一冊ずつ手がかけられた書棚には光が宿る。 それは本に託した、われわれ自身の小さな声だ――」 本を媒介とし、私たちがよりよい世界に向かうには、その可能性とは。 効率、拡大、利便性……いまだ高速回転し続ける世界へ響く抵抗宣言エッセイ。

齋藤陽道『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』

新刊書店Titleのある東京荻窪。「ある日のTitleまわりをイメージしながら撮影していただくといいかもしれません」。店主辻山のひと言から『小さな声、光る棚』のために撮影された510枚。齋藤陽道が見た街の息づかい、光、時間のすべてが体感できる電子写真集。

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂・ちくま文庫)、『365日のほん』(河出書房新社)、『小さな声、光る棚』(幻冬舎)、画家のnakabanとの共著に『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP