1. Home
  2. 暮らし術
  3. 大人バレエの世界
  4. 大人クラスのバラエティ豊かな仲間たち

大人バレエの世界

2021.03.31 更新 ツイート

#87

大人クラスのバラエティ豊かな仲間たち 丸山裕子

私の通うスタジオは今年でオープンして15年になります。先生の丁寧な指導が評判となり、開設後まもなく大人クラスは満員になり、新規の募集が締め切られました。

ゆえにその後、入れ替わりなし。3年ほど前から新規の募集が再開されましたが、それまでは固定メンバーでの約12年でした。

 

週に1~3回、数時間とは言え、10年以上一緒にいると、お互いの性格も性質もよくわかってきます。とくに、バレエのように身体を使うことはごまかしが効かないので、その人の色々な面が浮き彫りになります。大人ですのであからさまにはなりませんが、ときに小さくぶつかったり、発表会前にザワザワしたりもします。

でも、どこか身内のような親しさもあります。お互いの人生のステージの変化やさまざまな出来事を、詳しくではなくともほんのりと知っていて、喜んだり気遣ったりしてきたから。

転職、独立、退職。お子さんが成長し進学したり、就職したり、結婚したり、お孫さんができたり。大切な人をなくしたり、病気になったり、復帰したり。犬を飼ったり、なくしたり。住むところが変わったり。新しく生きる道を見つけてバレエを諦めた人もいます。ジュニアのクラスにいた人が、成長して社会人になって、大人クラスに参加してくれたりもします。

バレエ大好きという一点だけで繋がっているとりとめのない、でも、愛すべき仲間たちを、今回はイラストでご紹介します。仲好しの解剖学オタクのAさんから「描くときは、細めに描いてな!」というご要望(命令)をいただいているので、全イラストに見えないフィルターをいっぱいかけています。

1回では終わらないので、折りにふれ、また続きを描くかも。

{ この記事をシェアする }

コメント

バンビ  大人クラスのバラエティ豊かな仲間たち|大人バレエの世界|丸山裕子 - 幻冬舎plus https://t.co/239mgQ5Zwc 5日前 replyretweetfavorite

大人バレエの世界

いくつになっても憧れる華やかなバレエの世界。アラフォーからバレエを始めた著者による、楽しく、たくましく、哀しくもおかしい“大人バレリーナ”の日常。

バックナンバー

丸山裕子 イラストレーター

京都市出身。踊るイラストレーター。健康のために始めたバレエにはまり、寝る間を惜しんでレッスンに通う。『バレエ語辞典』の全イラストを担当。書籍や雑誌、広告にイラストを描いている。女性、育児、健康、犬と花に関するものが多い。イラストエッセイは『しあわせな犬生活を』(ドッグワールド)、『極楽いぬ生活』(ペピイ)。布花作家でもあり、『まんまるさん®︎』という古布を使ったオリジナルのアクセサリーを作っている。
Instagram  @yuko.illustrations

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP