1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 表現者が一緒になることの“恐ろしさ”――...

本の山

2020.09.26 更新 ツイート

表現者が一緒になることの“恐ろしさ”――『夫・車谷長吉』高橋順子 KIKI

「車谷長吉」の名前を知ったのは、2015年5月、新聞に載った訃報だった。享年69歳。追いかけ記事が何度か載っていたのは、直木賞受賞作家であるだけでなく、特異ともいえる人柄もあっただろう。その仕事を知るうちに、同じ新聞の別刷りで読者からの悩み相談の回答を受け持っていた時期があったこと、そしてわたし自身そのコーナーを楽しみに読んでいたことに初めて気づいた。というのは、その回答が普通でなかったからである。真摯に向き合いながらも決して一般的とはいえない、時に平穏な人生からはみ出すような回答が載っていた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP