1. Home
  2. お知らせ
  3. 「小説幻冬」編集部より
  4. 小説幻冬6月号発売!特集「猫だからね」

「小説幻冬」編集部より

2020.05.27 更新 ツイート

小説幻冬6月号発売!特集「猫だからね」幻冬舎編集部

マスクをしていると暑い、夏のような陽気が続いていますね。本日5月27日、小説幻冬6月号が発売になりました。

表紙には俳句を詠む猫とオニくんが! そにしけんじさん猫だからね(2)の発売を記念してのコラボです。

内容を少しご紹介します。

 

★特集「猫だからね」

弊誌で連載中の、そにしけんじさん「猫だからね」の単行本、二作目が発売となります。発売を記念して、弊誌二度目の猫特集を行っています!

猫好きエッセイストの石黒由紀子さんと担当編集の猫地との対談(それぞれの飼い猫、コウハイとせなも登場!)、猫好きが「猫」を詠む誌上句会など、猫愛に溢れる特集となりました。

猫だからね(2)は6月2日発売。ぜひ、手に取ってみてくださいね。

 

★他にも単行本新刊にまつわる特集、あります

現代社会の在りように危機感を抱きつつも、決して希望は捨てていないという中村文則さん。新刊逃亡者についてお話を伺いました。「今この本を世の中に出すことには、意味があると思っています」と語る中村さんが、作品に込めた思いとは。

弊誌で連載していた真梨幸子さんの「縄紋黙示録」が、縄紋とタイトルを改めて6月2日に刊行となります。縄文時代と現代を大胆につなぐ歴史ミステリ。なぜ縄文時代を取り上げたのかなど、作品の裏側に迫ります。

 

★新連載もいくつか

ハルノ宵子さんの新連載「猫屋台日乗」は、ハルノさんが実際に営む飲食店『猫屋台』に関するエッセイです。自宅を改装したという『猫屋台』では、ハルノさんのお料理と「グダグダの時間」が楽しめるのだとか……。

お笑いコンビ「見取り図」の盛山晋太郎さんによる、「しばけるもんならしばきたい」もスタート。注目の若手による気鋭のエッセイです。初回のテーマは「かっこつけ」。幼い頃も、大人になってからも、男子はかっこつける生き物なんですね。

 

今月も読みごたえたっぷり。ぜひお手に取っていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!

★読者プレゼント

小説幻冬6月号を3名様にプレゼントします。

誉田哲也さん「もう、聞こえない」は、ラストスパート。幽霊×ミステリがどんな結末を迎えるのか、見逃せません。

ご応募、お待ちしております。

※このプレゼントの応募期間は終了しました

※6月26日(金)23:59締め切り

※よろしければメッセージ欄で下記のアンケートにお答えください(任意)

1.好きな作家を教えてください

2.これまでに「小説幻冬」を読んだことがありますか?

3.(上の質問で「ある」と答えた方)今までに読んだ「小説幻冬」掲載作品の中で面白いと思った作品(読切含む)を教えてください(複数回答可)

4.1ヶ月に何冊本を読みますか?

5.読みたい小説のジャンルはありますか?

6.「この作家の連載が読みたい!」という人がいたら教えてください

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP