1. Home
  2. 生き方
  3. 編集部日記
  4. 緊急事態の生活と仕事6

編集部日記

2020.05.16 更新 ツイート

緊急事態の生活と仕事6竹村優子

5月10日
曜日の感覚がなくなってきて、日曜日の夜も夜更かしし、案の定、寝坊する。「英会話タイムトライアル」が聴けなかった。罪悪感をひきずりつつ、plusの記事登録と取材依頼。『小説幻冬』で新しく始めようと思っている連載の準備。

お昼すぐから、はあちゅさんの新刊『子供がずっと欲しかった』にまつわるオンライン取材。そのあと、電話打ち合わせ。

夕方、もうひとつオンライン打ち合わせ。ひととおり終わって雑談しながら、辛酸なめこさんの連載「次元上昇日記」にあった時間認識のことを話す。脳への刺激が少ないと時間を速く感じるようになって、「生活や世界が縮小され、思い出に残る活動ができなくなって、新しい思い出も作れず、時間の認識が短くなる」という。たしかに、時間が速く進む実感も、世界が小さくなっている実感もある。一日の輪郭がくっきりと記憶にあるのは、3月中旬の大阪・京都出張(世間全体が一回コロナに対して気が緩んでいた)。移動と非日常な思い出ゆえだろうか。それ以降は、どんどん曖昧になり、最近では、ネットやSNSのなかで起きていることを遠くに感じる。でも、この感覚は幸せなのかもしれない。辛酸さんも、「一日一個何かなしとげるだけでも充実感があります」と書かれていた。

単行本原稿のリライトに取り掛かかりつつ、あいまに「社員リレー」で紹介されていた、「ベスト・エッセイ2019」を読む。たくさんエッセイが詰まってて、贅沢。少しずつ読みたい

夜は、秋葉原、神田方面へ散歩。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP