1. Home
  2. 生き方
  3. 編集部日記
  4. 緊急事態の生活と仕事7

編集部日記

2020.05.23 更新 ツイート

緊急事態の生活と仕事7竹村優子

5月18日
太田信吾さんの新連載「住所不定」が始まる。太田さんは、「解放区」や「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を撮った映画監督であり、俳優。定住先はない。その理由は、親友の自殺を通じて「同じ場所に暮らし、同じ人と過ごすなかで、価値観が凝り固まってゆく危険」を感じたからだという。よくわかる。人間は、環境が作る。どれだけ客観性を意識していても、その環境にあわせた偏りが出てくる。今読んでいる遺伝子の本からもそのことを受け取る。

はあちゅうさんと花田菜々子さんの往復書簡も最終回。お二人は、会ったことがないまま、正直な言葉で自分をさらけ出しながら、語り合ってくださった。最後の「お互いに、他の誰かと違う選択肢になったとしても、自分が納得できる道を歩めますように。」がすがすがしい。はあちゅうさんと花田さんも対面していないけれど、私も太田さんとはまだお会いしていない。

夕方、オンライン打ち合わせひとつ。

雨で夜の散歩に行けない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP