1. Home
  2. 読書
  3. マンガ停留所
  4. 〈老い〉を強調することでデュラスの原作を...

マンガ停留所

2020.03.07 更新 ツイート

〈老い〉を強調することでデュラスの原作を見事に演出した 高浜寛『愛人 ラマン』 中条省平

今月ご紹介するのは、マルグリット・デュラスの小説『愛人 ラマン』の高浜寛によるマンガ化作品です。
 

原作の『愛人 ラマン』は1984年に発表されました。当時70歳の大作家デュラスがフランスの植民地ベトナムで暮らした少女時代を回想し、15歳で中国人富豪の息子の愛人になった事実を記した自伝的小説としてセンセーションを巻きおこしました。そして、ベストセラーになり、権威あるゴンクール文学賞まで受賞したのです。難解な純文学作家として知られるデュラスに、降ってわいたように訪れた、突然の世俗的な成功でした。

翌1985年には日本語訳が刊行されました。デュラスの小説としては例外的に分かりやすい文章で書かれ、また、清水徹の名訳のおかげもあって、かなり評判になりました。

しかし、この小説が日本で大いに売れたのは、1992年にフランス映画『愛人 ラマン』が公開され、大ヒットしたからです。とくに、まだ10代だったヒロイン、ジェーン・マーチと、中国人男優レオン・カーフェイの演じる性行為が激しく美しいというので話題となりました。一時的に人気女優となったジェーン・マーチはその後、泣かず飛ばずでしたが。

原作はデュラス独特の「流れる文体」で書かれていて、物語の起伏もあまり感じられず、さほど明確なイメージも浮かんできません。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

{ この記事をシェアする }

マンガ停留所

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP