1. Home
  2. 暮らし術
  3. 大人バレエの世界
  4. ひ・み・つ の練習方法

大人バレエの世界

2020.02.27 更新 ツイート

#34

ひ・み・つ の練習方法丸山裕子

学生時代、水泳の選手だった私は、バレエを始める前はスポーツクラブのプールにときどき泳ぎに行っていました。バレエを始めてからも、時間があれば泳ぎに行くことは続けていました。

近所のスポーツクラブはある企業の社員用の施設で、一部一般にも開放されていました。プールはいつも空いていて、6コースある25mプールで泳いでいる人は3~4人。1人1コース以上使える恵まれた環境でした。

それで、あるとき思い立ってやってみたのです。水の中でバレエの動きを。プールはやや深めで、爪先立ちでやっと顔が出るくらいでしたので、ゴーグルをつけて頭まで潜ってやってみました。

5番ポジションで立ち、プリエからのシャンジュマーン!

滞空時間がある!
爪先が伸ばせる!
お腹が落ちない!
バレエっぽい!
きれい!

プロのダンサーの動画で見るように、足裏を順番に使って爪先をピーンと伸ばして跳び上がり、空中で脚を入れ替えて爪先から順にやわらかく着地。「ああ! こういうのやりたかった!」という光景が、そこにはありました。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

大人バレエの世界

いくつになっても憧れる華やかなバレエの世界。アラフォーからバレエを始めた著者による、楽しく、たくましく、哀しくもおかしい“大人バレリーナ”の日常。

バックナンバー

丸山裕子 イラストレーター

京都市出身。踊るイラストレーター。健康のために始めたバレエにはまり、寝る間を惜しんでレッスンに通う。『バレエ語辞典』の全イラストを担当。書籍や雑誌、広告にイラストを描いている。女性、育児、健康、犬と花に関するものが多い。イラストエッセイは『しあわせな犬生活を』(ドッグワールド)、『極楽いぬ生活』(ペピイ)。布花作家でもあり、『まんまるさん®︎』という古布を使ったオリジナルのアクセサリーを作っている。
Instagram  @yuko.illustrations

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP