1. Home
  2. 生き方
  3. 編集部日記
  4. 牛丼という労働力だけではない私たち

編集部日記

2020.02.11 更新 ツイート

牛丼という労働力だけではない私たち竹村優子

2月3日
 


節分。朝、年齢分の大豆を律儀に食べる。年中行事のなかで、いちばん忠実に守っていることかもしれない。

坂口孝則さんより古典読書連載の原稿が届く。カール・マルクス『賃労働と資本』について。坂口さんは、「労働力=牛丼」と置き換えて、マルクスを解説してくださっている。牛丼の値段が上がらないから、私たちの給料も上がらない。

私は、マルクスがここぞというときに連発する、「!」が好き。そして、なぜか興奮する。以前、トーキョー・フェスティバルで、リミニ・プロトコル(ドキュメンタリー演劇の手法をとるアーティスト集団)の舞台「カール・マルクス 資本論、第一巻」を見たあとも、興奮して仕事の依頼メールを送ったことがある。

2月21日の坂口さんの古典読書会にもぜひいらしてください。ショウペンハウエル『読書について』を読みます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP