1. Home
  2. お知らせ
  3. 編集部日記
  4. 弱さとうまく付き合いたい

編集部日記

2020.02.16 更新 ツイート

弱さとうまく付き合いたい竹村優子

2月10日
中国の写真家の方に、写真を借りる依頼メールを英語で送る。快諾のお返事をすぐにいただいたけれど、データサイズの確認でやや行き違い。私が、image size と photo data の英単語の使いわけができていなかったせいだと思う。実物データを送ってほしく、actual dataを使ったのが正しかったのかわからないけれど、無事手元に届きホッとする

夜は、下北沢B&Bでphaさんの『どこでもいいからどこかへ行きたい』『知の整理術』文庫W刊行記念イベント。phaさんとは同じバンドのメンバーでもある作家の滝本竜彦さんと佐藤友哉さんがご登壇くださり、「作家の知の整理術」の話。客席は、貸切で満席。
 


小説を書いてみたけど書き方がよくわからないというphaさんに書き方を教える滝本さんと佐藤さん。こんなに赤裸々に手の内を明かしていいのか、と聞いてるほうがドギマギしてしまう。

佐藤さんが、「文体には流行がある。今は、『彼女はかわいい』と直接的に表現していい時代だ」とおっしゃっていたのが衝撃だった。そのとき、「音楽だったら、今、GEZANを聴いておいたほうがいいみたいに」と前置きされていたことも。ルーティンと型を大事にしながら、どう長くクリエイティブな活動を続けていくかというまとめまで具体的で貴重な話だった。
 

左から、滝本さん、phaさん、佐藤さん
 

2月11日
祝日。熱烈に推薦してもらった、桃尻犬のお芝居「ゴールドマックス、ハカナ町」を下北沢OFF・OFFシアターで見る。これも昨日の話に出た、ストレートな表現で見せる作品のように感じる。シンプルな設定のなかで、「絶対」「運命」「幸せ」という言葉の意味がどんどん変わっていくのがおもしろい。90年代の静かな演劇ブームで青年団や遊園地再生事業団に出会って、小劇場に通うようになり、それなりに熱心に見てきたけれど、だんだんと疎くなっているなと感じる今。いろいろ教えてもらえるのはうれしい。


帰宅後は、公開が遅れていたこの日記(先週分)をまとめる。何度も中断してきたけれど、今回はできるだけ続けたい。


2月12日
一日、会社でゲラ作業。

2月13日
朝、plusのオープン会議。1月の数字の確認。少しだけ、上のほう(当サイト比)で安定してきているのではないかな。

そのあと、部の企画会議。私は、二つ企画を出す。

午後、恵比寿で打ち合わせ。

夜、人形町で打ち合わせ。久しぶりの甘酒横町。

2月14日
なんとなく胃が痛くて、午前中の予定をひとつずらし、喫茶店で原稿読み。

午後、会社で社内打ち合わせを二つ。

胃の痛みがひどくなり、早めに帰宅。私は小学生のときから、ちょっとでも体調が悪ければすぐに休んでいたし、基本、病気の気配があらわれたら無理したくない。水曜日に公開した、宮崎智之さんの「『弱くある贅沢』を守るために」ではないけれど、弱ったときは、弱さを無視せず、甘やかせばいいし、弱さに敏感であることが、弱さを克服することも含め、うまく付き合う方法だと思っている。どんな人だって、どうしたってずっと強くはいられないのだから。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP