1. Home
  2. 生き方
  3. 編集部日記
  4. 私に起きたちょっとしたミラクル

編集部日記

2020.01.25 更新 ツイート

私に起きたちょっとしたミラクル竹村優子

1月20日
町田康さん『しらふで生きる』が8刷に。先週の21日に町田さんご自身による断酒エッセイが読売新聞に掲載され、さらに18日に朝日新聞に都甲幸治さんによる書評が掲載されたことの影響が大きかったのだと思う。

2月文庫の最後の最後のチェック。

夕方、植本一子さんの写真展「うれしい生活」を渋谷のNidiギャラリーで見る。『銀河で一番静かな革命』のカバー写真もあった。優しくて硬質な光と時間の容赦なさ。

 

そのあと辻田真佐憲さんと古谷経衡さんによる「愛国ビジネスの現在地」を聞きに五反田のゲンロンカフェへ。保守論壇の生々しい話をいろいろと。今日はもうひとつ用事があり、後半途中で神保町へ向かったのだけど、改札を出るときにパスモ定期の入った名刺入れをなくしたことに気づく。駅の事務所で各所に電話をかけてもらうけれども、見つからない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP